2017年08月16日

東京新聞・望月衣塑子「会見とは国民に成り代わって,記者が政府への疑問をぶつける場」「菅官房長官は私に対して個人攻撃を言いはじめた.ジャーナリズムに対する冒涜」.疑惑を捏造し国民を煽った側が国民の代表のふりをし粘着質問をするのがジャーナリズム?違法性が問われる手続妥当性,価値観や切実さの如何に依存する政策妥当性


国民の代表として閉会中審査を終えても尚説明責任を求めるのならば、「そこまで執拗に質問することに如何なる公益性・公共性があるのか? について、国民が納得できるまで説明する必要性」が出てきますが、それでいいのですか?

───「はじめに加計ありき」「安倍の意向」「行政が歪められた」が出会い系バーの常連客であった前川喜平の主観・推理・邪推・妄想であり、状況証拠は「加計と安倍はお友達だ」と云うこと以外にはなく、「はじめに加計ありき」「安倍の意向」「行政が歪められた」ようにみえるようになる文字列・音素の組み合わせだけを集めたに過ぎなかったことが、閉会中審査を終えて明らかになった。「教科書検定で侵略を進出へ書き換えさせた」とデマ・嘘を垂れ流し「近隣諸国条項」が作られてしまった時と同じ、であることが明らかになった。因みに渡部昇一はこれを「一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う」と表現した。───

もし「その程度の根拠」で疑惑にして大騒ぎしてもいいのならば、「『古市憲寿の小沢一郎を怒らせた質問と同じ疑惑』や『政治家かフリージャーナリストかワイドショーのコメンテイターになるための売名行為疑惑』を晴らす必要性」が出てきますが、それでいいのですか?

「『加計学園が天下り受け入れ先になろうとしなかったことで文科省が愛媛今治を意地悪していた疑惑』も、『出会い系バーに通ってしまったことで弱みを握られ前川喜平が内部告発風のテロをさせられた疑惑』も、『天下り斡旋を咎められたことに対する文科省の逆恨みである疑惑』も、『獣医師会からの献金を受け取ったから玉木雄一郎と石破茂が安倍晋三を貶めている疑惑』も、「獣医師会からの献金を受け取ったから石破茂が厳しい四条件を作った疑惑』も晴らすよう求める必要性」も出てきますが。

で、このような「言いがかり」を許していれば、「友達ゼロ」「人脈ゼロ」の孤高の人しか政治家になれなくなりますが、それでいいのですか?

「孤高の人が政治家になってはいけない」とまでは申しませんが、「日本の政治家には孤高の人しかいない」ってのは恐ろしいことではないのですか?

「違法性が問われる手続妥当性」と「価値観や切実さや立場の如何に依存して変化する政策妥当性」を分けて考えなければ、現代日本の羊頭狗肉問題(特区と銘打てば新自由主義的正しさを装え、新しい公共・未来のための公共と銘打てばリベラル的正しさを装え、)に斬り込めなくなりますが、それでいいのですか?

私が菅官房長官に「大きな声」で質問する理由 東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー#1
文春オンライン
2016年8月11日

原則として平日の午前と午後、首相官邸で行われる菅官房長官の記者会見。今年6月以降、ここに突如として現れた一人の記者が注目されている。「東京の望月です」と名乗ってから、矢継ぎ早に長官に質問をぶつける女性記者。東京新聞社会部、望月衣塑子記者(42)である。

鉄壁の長官に果敢に攻め込むこの人は、一体どんな人なのか? 

菅さんが「俺にも我慢の限界がある」とこぼしたらしい

――望月さんが菅義偉官房長官の定例会見に出席するようになって2カ月ほど経ちました。官房長官の印象は変わってきていますか?

望月 全然変わりませんね(笑)。最近は「主観と憶測に基づいて聞くな」とか「あなたの要望に答える場じゃない」とか、私に対して個人攻撃的なことを言いはじめているとも感じています。

産経新聞さんが私への批判記事(「官房長官の記者会見が荒れている! 東京新聞社会部の記者が繰り出す野党議員のような質問で」)を書いていましたが、会見とは国民に成り代わって、記者が政府への疑問や疑念をぶつけ、より国民にとって開かれた政治を作っていくきっかけになる場でもあると思っています。

また、私は取材や出ている報道に基づいて、質問をしているつもりです。取材に基づいた記者の「主観」を質問で聞けないのであれば、取材から湧き出てくる政府への疑問や疑念をどう国民に成り代わって伝えろと言うのでしょうか。菅長官の言葉は、ジャーナリズムに対する冒涜(ぼうとく)のようにも聞こえました。

(以下略)

http://bunshun.jp/articles/-/3766

副題は「圧力より対話」と主張する者は対話を破壊する詭弁や朝日新聞的デマヘイトに寛容である法則はあるのか否か?続きを読む
【関連する記事】
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

朝まで生テレビ!2017年8月11激論安倍政治と日本の平和.ド〜なる?!神戸地裁から提出を求められた田原総一朗の北朝鮮拉致問題に関する取材テープ!ド〜する?!SAPIO隔月!オスマンサンコンが緊急参戦6?!憲法9条1項,2項,サンコン!山本一太,緒方林太郎,井上達夫,潮匡人,荻原博子,小林よしのり,三浦瑠麗,村本大輔,森本敏,米川正子


第三次日報問題(2017年7月の報道を発端とする2017年2月13日、15日の会議問題)は、「防衛省はタイムマシーンを持っているんだ!」と言っているも同然なんだがなw。それは兎も角、「北朝鮮からの難民を受け入れたくないのならば日本はカーターのような役目を引き受けるべきだ! 安倍首相はせめて小泉元首相を訪朝させるべきだ!」と云う世論の形成と、「難民をちゃんと受け入れられるようにすべく北朝鮮人権法を作った」と云う山本一太からの言質取りと、安倍仮想敵化でストレス発散が、今回の朝生の最大の狙いでしょうねw。

朝まで生テレビ!
2017年8月11日(金)
深夜1:55〜4:55
激論!安倍政治と日本の平和
第3次安倍第3次改造内閣発足!
ド〜する?!憲法改正と自衛隊
ド〜なる?!日本の安全保障
終戦記念日を前に…
みんなで考える日本の平和
ド〜する?!ド〜なる?!私たちの未来
…等々について多士済々で徹底討論!

渡辺宜嗣
村上祐子
田原総一朗

山本一太
緒方林太郎
井上達夫
潮匡人
荻原博子
小林よしのり
三浦瑠麗
村本大輔
森本敏
米川正子
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

田原総一朗が安倍晋三に訪朝を進言!?「最終的且つ不可逆的な拉致問題の解決」と引き換えに横田めぐみが含まれていると匂わせながらの「数名の拉致被害者の帰国」を持ちかけ,応じれば「核ミサイル問題もある中でこの程度で手打ちしやがって…」と,応じなければ「100点以外は0点では外交はできない!」と叩かせ拉致問題を幕引きさせる計画


北朝鮮の拉致被害者に対するヘイトクライムや宋日昊日朝国交正常化交渉担当大使の拉致被害者と家族会に対するヘイトスピーチに寛容な有田芳生氏が、なんと「北朝鮮は拉致被害者家族会に謝罪と賠償をしろ」と言っています。

産経新聞の記事『「野党も反対しない」 田原総一朗氏、首相への「政治生命懸けた冒険」提案』を受け、有田芳生氏はこうツイートしました。
有田芳生 @aritayoshifu

北朝鮮問題での安倍首相への提言は今年前半にある専門家によって行われている。金正恩委員長につながるルートを開拓すること、拉致問題は金銭で解決すべきだとの話を首相はただ聞いていた。田原さんとの会話も口外無用の条件だから、ただ憶測だけが増幅していく。それだけの話だといまは思う。

「秋葉原を安倍の墓標と化する計画」

「訪朝を安倍の墓標と化する計画」

「最終的且つ不可逆的な拉致問題の解決」と引き換えに横田めぐみが含まれていると匂わせながらの『数名の拉致被害者の帰国』を持ちかけ、応じれば『核ミサイル問題もある中でこの程度で手打ちしやがって…』と叩かせ、応じなければ『100点以外は0点では外交はできない!』と叩かせることで安倍晋三によって拉致問題を幕引きさせる計画」

田原総一朗氏が提案か 安倍首相「9月電撃訪朝」の現実味
日刊ゲンダイ
2017年8月2日

安倍首相の電撃訪朝説が政界を駆けめぐっている。きっかけはジャーナリストの田原総一郎氏(83)が提案した「政治生命をかけた冒険」。支持率低迷の中、打つ手なしの安倍首相は前向きに受け止めたという。

田原氏は「言ったらぶち壊れる」と内容を明かさないが、永田町では安倍首相が北朝鮮を訪問し、金正恩委員長とトップ会談に臨むつもりではないかという臆測が飛び交っている。

田原氏は28日昼、官邸を訪問。安倍首相との会談は約1時間20分にも及んだ。田原氏が「政治生命をかけた冒険をしないか」と切り出すと、その後、安倍首相は「冒険」の内容について次々と質問をしてきたという。田原氏は7月31日、テレビ朝日の「ワイド!スクランブル」に出演。会談時の様子を「テーマはそれだけで、昼食の暇もなかった」と明かした。安倍首相が目の色を変えて食い付いた光景が目に浮かぶ。

「田原さんは京都で開かれた共産党議員のパーティーで、提案について『民進党や共産党は反対しない』と言い、テレ朝の番組では『自民党は反対かもしれない』と言った。自民党内には対北強硬論が根強いですが、民進、共産は対話賛成の立場です。それに拉致問題は総理のライフワークでもある。訪朝の提案だと考えるのが自然です」(永田町事情通)

田原氏は2007年に訪朝するなど、北との独自ルートを持っている。安倍首相が前向きなのも、田原氏が訪朝の実現性を具体的に伝えたからではないのか。

金正恩は狂ったようにミサイル発射を繰り返している。28日には米西海岸を射程に収める可能性のある大陸間弾道ミサイルを発射したばかり。トランプ米大統領の堪忍袋の緒がいつ切れてもおかしくない。さらに北朝鮮は庇護役である中国の説得にも聞く耳を持たず、対北融和を掲げて当選した韓国文在寅大統領の対話の呼びかけには返事すらしなかった。

■トランプ大統領の露払い

一方、日本の安倍政権はこれまでトランプの威を借るだけで、特段、対話を呼びかけてこなかった。それだけに、対北交渉にプレーヤーとして途中出場し、“流れ”を変えられるポジションにいるとも言える。

「コリア・レポート」編集長の辺真一氏は、「田原提案が訪朝なのかは分からない」と前置きした上でこう続けた。

「トランプ大統領の露払いとして、安倍首相が訪朝する可能性はあります。金正恩にこぶしを上げているトランプがいきなり訪問するわけにもいきません。つまり、安倍首相は難しい交渉に関与するのではなく、トランプの意向を伝えるだけのメッセンジャーの役割です。金正恩の悲願は米朝首脳会談。安倍首相が仲介してくれたとなると、拉致問題についての譲歩の可能性も出てくる。安倍政権の支持率もV字回復するかも知れません。今年の9月17日は02年の小泉初訪朝からちょうど15年。動きがあってもおかしくない」

(以下略)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210591

有田芳生 @aritayoshifu

「野党も反対しない」 田原総一朗氏、首相への「政治生命懸けた冒険」提案 -http://www.sankei.com/politics/news/170730/plt1707300019-n1.html …  田原さんに直接この「冒険」について聞いて何を提案しても安倍首相は行動しないと確信した。つまりはメディアがこぞって田原さんの「手のひら」に乗っただけの騒ぎだ。

有田芳生 @aritayoshifu

北朝鮮問題での安倍首相への提言は今年前半にある専門家によって行われている。金正恩委員長につながるルートを開拓すること、拉致問題は金銭で解決すべきだとの話を首相はただ聞いていた。田原さんとの会話も口外無用の条件だから、ただ憶測だけが増幅していく。それだけの話だといまは思う。

有田芳生 @aritayoshifu

首相が拉致問題で何かしたいのならまず報告書を受け取り、その真偽を検証していくことだ。その覚悟がないからこの2年間の時間を無為にすごし、被害者家族も本音では怒りを覚えていた。訪朝は準備時間からいって無理だが、報告書を受け取ることはできる。退陣までにせめてそれぐらいは行動して欲しい。

有田芳生 @aritayoshifu

田原提案を待つまでもなく安倍首相は数か月前から秋には拉致問題で動きたいと計画していました。しかしルートがない。北京大使館にいる政府の専門家も異動が決まりました。北朝鮮もいつ退陣するかわからない安倍政権のもとで日朝交渉を進めることはありません。すでに局面は大きく変わったのです。

有田芳生 @aritayoshifu

首相への提言を思わせぶりに語ってきた田原総一朗さん。北朝鮮問題だと「週刊文春」で吐露した。ならばこれしかない。北朝鮮と国交回復交渉を再開するが、拉致問題を解決せよとする8月談話だ。民進党も共産党も喜ぶと語ったが、民進党も自民党も簡単ではない。報告書を受け取る覚悟が首相にはありや?
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | 北朝鮮の拉致と核の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

マルハンにフェスティバルゲートを売却した橋下徹,外形的公正性確保ルールの未導入を問題視.加計獣医学部,NPO法人「大雪りばぁねっと。」「茨城人権擁護支援会」…特区と銘打てば新自由主義的正しさを装え,新しい公共・未来の公共と銘打てばリベラル的正しさを装える状態が招いた羊頭狗肉.ワイドショー井戸端会議効果釣られ共感


橋下徹 @hashimoto_lo

(加計学園問題)選定過程に不正があったかどうかの問題ではない。不正があると疑われない制度設計・制度運用が必要だったが今回はそれが足りなかった。被選定者と一定の関係のある選定者は選定過程から退くか、被選定者との接触を断つべき。特区諮問会議が後の公募手続きの前倒しになったことが失敗。

橋下徹 @hashimoto_lo

(加計学園問題)国会議員は司法における除斥・忌避・回避の理論を勉強すべき。便宜を図ったのか、加計ありきだったのかは水掛け論。そうではなく外形的に公正性が保てていたのかどうか。大阪では外形的公正性という概念を徹底的に導入した。当初、役所職員は不正がないのに何それ?という顔だったが。

橋下徹 @hashimoto_lo

(加計学園問題)不正のあるなしにかかわらず外形的公正性を保てていなければ政治行政としては失敗。知事・市長時代、不正が確定しなくても外形的公正性が保てていないということで公募手続きをやり直したことがある。不正がないのにどういうことだ!と議会から猛批判を食らい、役所も渋々だったが。

橋下徹 @hashimoto_lo

(加計学園問題)役所がそもそも需給調整などやるのはナンセンス。加計学園が獣医学部を新設するなら大変結構なこと。しかし後の公募手続きとごっちゃになり特区諮問会議で加計学園が選定された形になったのが問題。その選定者の最高責任者に安倍さんが入っていたことが大問題。不正の有無ではない。

橋下徹 @hashimoto_lo

(加計学園問題)安部さんは加計理事長と獣医学部の新設について話したことはないと言う。むしろ逆だ。加計さんが特区申請する情報をしっかり把握して、その案件のときには議長を離れるか、少なくとも直近期間は飲食・ゴルフを止めるべきだった。加計さんも安部さんに特区申請の意向を伝えるべきだった

橋下徹 @hashimoto_lo

(加計学園問題)特区とは政治の力をフルに発揮して国の法制度の例外を実現するもの。ゆえに政治は外形的公正性には最大限の注意を払わなければならない。加計さんも安部さんに特区申請の意向をしっかり伝えて、外形的公正性が疑われないように対応すべきだった。安倍さんが知らなかった方が問題だ。

橋下徹 @hashimoto_lo

僕が導入した大阪府の外形的公正性確保ルールによれば提案後、加計さんが手続き外で安倍さんや特区諮問会議メンバーに接触した段階で加計さんは失格になる。

橋下徹 @hashimoto_lo

(加計学園問題)形式上提案者は今治市。それなら特区会議では制度改革(文科省告示改革)のところで止めておけばよかった。しかし今回の特区会議は事業主選定のところまで踏み込んだ形になってしまった。ここが混乱の元凶。特区会議で実質的な事業主選定をやったのなら、事業主と選定者の接触は厳禁。
大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ
NEWSポストセブン週刊ポスト2012年9月7日号
2012年8月27日

橋下徹・大阪市長率いる大阪維新の会が次期衆議院選挙の準備を本格化させつつある。

9月12日に「大阪から国を変える!!」をスローガンに地元で大々的な政治資金パーティを開き、その後、維新候補たちが全国遊説に乗り出す予定だ。

総選挙を戦うには軍資金が必要だが、すでに大口スポンサーの名前も挙がっている。

橋下氏は大阪府知事時代から大阪カジノ構想を推進し、今年2月には松井一郎・大阪府知事とともに香港のカジノ運営会社CEOと会談、「任期中に誘致の道筋をつけたい」と協力を要請した。さらに記者会見(5月24日)でも、「先進国でカジノがないのは日本くらい。カジノは観光や集客のツールになるだけではなく、うまく使えば所得税制に代わるか並ぶくらいの所得の再配分機能を果たす重要なツールになる。国会議員にそういう発想はないんですかね」と持論を展開してみせた。

維新の会の情報収集をしている民主党関係者が語る。

「カジノ構想に熱心な企業が京都のマルハン。全国にパチンコ店やボウリング場、ゲームセンターなどを展開する年商2兆円という遊技場最大手で、マカオのカジノに出資したり、カンボジアに銀行まで設立している。

しかし、日本では国の規制が強くてカジノの実現にはハードルが高い。そこでマルハンがカジノに理解のある橋下維新の会の国政進出を支援するという情報がある。Jリーグ・大分トリニータに十数億円出したスポンサーとしても知られる資金力豊富な企業だけに、維新の会の人気に、大口スポンサーが結びつけば大変な脅威になる」

マルハンと橋下氏には接点がある。橋下氏が府知事時代に発足したカジノ構想の研究会「大阪エンターテイメント都市構想研究会」の会員企業には大手広告代理店や鉄道会社、電機メーカー、建設会社と並んでマルハンが参加している。

さらに、今年5月に溝畑宏・前観光庁長官(現・内閣官房参与)が大阪府特別顧問に就任したが、溝畑氏はカジノ構想の推進者で、大分トリニータ社長時代からマルハンとのパイプが太いことで知られる。

その溝畑氏はマルハンの維新支援情報についてこう語る。

「橋下氏とは私が観光庁長官になる前からのおつきあいで、今回、松井府知事から大阪を元気にしたいという要請があって全面協力しようと顧問に就任しました。マルハンの韓昌祐・会長にもJリーグの時から随分お世話になっています。韓会長のもとにはいろんなところからスポンサーの要請が日に何件も来ているようです。

とはいえ、一代であれだけの事業を築き上げた方だから、(支援するかどうかの判断は)相当シビアだと思いますね。維新の会のこともあくまでニュートラルに見ているのではないでしょうか。少なくとも、私がマルハンと維新の会をつないだというのは誤解です」

マルハン経営企画部は、「大阪エンターテイメント都市構想研究会には娯楽産業の振興を目的に参加している。チャレンジする人を応援するというのはわが社の社風ですが、維新の会を社として応援しているということではない。会長や社長が個人的に支援しているかどうかまでは把握しておりません」と回答した。

一方、橋下氏自身はこの間、有力経済人と政策について意見交換をしてきた。ソフトバンクの孫正義・社長はツイッターで橋下氏にエールを送ってきたことで知られるが、橋下氏は今年1月に上京した際、孫氏や宮内義彦・オリックス会長らと会談し、エネルギー政策や大阪府市改革で意見交換したことが報じられている。橋下氏が大阪府知事選に出馬した2008年当時に堺屋氏とともに応援した経済人にはパソナの南部靖之・社長もいる。

宮内氏は小泉内閣の総合規制改革会議議長として郵政民営化を推進した人物で、孫氏と南部氏は安倍晋三・元首相のブレーン経済人として知られる。

安倍氏は維新の会と連携して政界再編を志向する動きを見せているが、背景には、「安倍氏を中心とする上げ潮派(経済成長重視派)は橋下氏とブレーン人脈や支援者が重なっている。上げ潮派はいまや野党自民党の中でも反主流派だけに、日の出の勢いの維新の会と組むことで政界の主導権を回復し、スポンサーを維持したいという思惑がある」(自民党町村派議員)という指摘があることも見落とせない。
大阪の韓流テーマパーク、日韓関係悪化で見直し
読売新聞
2014年5月4日

大阪市の土地信託事業で経営破綻した都市型遊園地「フェスティバルゲート」(大阪市浪速区)の跡地に韓流テーマパークの建設を予定していた大手パチンコチェーン「マルハン」(本社・京都市)が、日韓関係の悪化を理由に計画を見直していることがわかった。

跡地の売買契約を締結後、5年以内に建設に着手する取り決めだったが、今年3月の期限が過ぎた現在も着工されていない。このため、市は今年度内の施設完成を求める契約を新たに結ぶ方針だ。

7日の市幹部会議で新契約方針を決める。着工が無期限延長にならないようにするため、年度内に施設が完成しない場合、同社に違約金を要求することも検討している。

フェスティバルゲートは市電車庫跡に1997年開業したが、04年に経営破綻した。跡地は同社が09年1月、市交通局から1万4000平方メートルを約14億円で落札し、同3月に売買契約を締結。韓流テーマパークは8階建ての建物に韓流スターが手がけるファッションブランドのショップや飲食店などが入る計画で、総工費約100億円をかけて今秋に開業し、来場者は年間300万人を見込んでいた。

しかし計画発表後、歴史認識や領土問題を巡って日韓関係が冷え込み、大阪でも在日韓国・朝鮮人の排除を訴えるヘイトスピーチ(憎悪表現)が行われた。梅田などで建設中止を求める街宣活動も起き、同社は市に計画変更を申し出た。

市と同社が交わした実施要領では、「契約締結日から5年以内に誠実に事業を行わなければならない」としているが、市は「誠実に事業を行う意図はある」と判断し、買い戻しや再入札は行わないことにした。マルハン経営企画部は「大阪市と相談しながら計画の見直しを進めていることは事実だ」としている。
結局パチンコ店…遊園地跡地開発、大阪市容認へ
読売
2014年5月8日

大阪市の土地信託事業で経営破綻した遊園地「フェスティバルゲート」(大阪市浪速区)の跡地開発を巡り、事業主体のパチンコチェーン「マルハン」が韓流テーマパークの計画を見直し、未着工となっている問題で、同社がパチンコ店を含む商業施設の建設を新たに市に申し出たことがわかった。

市は当初、パチンコ店などの風俗営業を禁じていたが、交渉決裂を懸念し、同社の提案を受け入れる方針だ。地元住民からは「当初の約束とは違う」と戸惑いの声も上がった。

2004年に破綻したフェスティバルゲートを巡っては、跡地の開発計画が頓挫を繰り返し、最終的に09年3月、マルハンが市交通局から約14億円で購入。市は売買契約で事業実施期限を5年以内と定め、期限違反時の違約金(約4億4000万円)のほか、周辺環境への配慮から「5年以内の風俗営業禁止」を盛り込んでいた。

マルハンは昨年、韓流テーマパークの建設を発表したものの、その後、日韓関係の悪化を理由に計画を見直し、契約締結から5年となる今年3月を過ぎても建設工事に着手しなかった。同社からは同月下旬、パチンコ店のほか、量販店や飲食店が入る商業施設の新計画が寄せられたという。

「(自分を棚に上げて)よく言うよ」ってヤツです。少なくとも件の記事に瑕疵がない限りは。

念のため、そもそもヒトは当ブログも含め「他者の浅ましさに寛容になるのが真の人格者だ」と言いたくなる程浅ましい生き物で、新自由主義的な正しさを装いたがる人たちだけではなく、リベラル的な正しさを装いたがる人たちも、「そんなもの」だったりします。

例えば再生エネの専門家飯田哲也氏。おそらく問題にしたのは当ブログくらいでしょう。「福島第一原発事故のトラウマが作り出した空気」が弱まった今ならば、賦課金だけで54兆円問題を産み落とした勢力の一員、飯田哲也氏の空前絶後な利益相反ぶりを実感していただけるのではないのでしょうか?

原子力安全庁のあり方を検討、有識者会議設置へ
ニコニコニュース
2011年9月30日

内閣官房は2011年9月30日、原子力安全規制に関する組織のあり方と原子力安全規制強化のあり方について検討するため、「原子力事故再発防止顧問会議」を設置し、第1回を10月4日に開くと発表した。また、顧問会議の委員の名簿も公表。

原子力事故再発防止顧問会議の委員名簿は以下のとおり(五十音順、敬称略)。

飯田哲也  NPO法人環境エネルギー政策研究所所長
飯塚悦功   東京大学大学院工学系研究科特任教授
井川陽次郎  読売新聞東京本社論説委員
川勝平太   静岡県知事
北村正晴   東北大学名誉教授
首藤由紀   株式会社社会安全研究所代表取締役所長
鈴木基之   東京大学名誉教授
住田裕子   エビス法律事務所弁護士
関村直人  東京大学大学院工学系研究科教授
高橋滋    一橋大学大学院法学研究科教授
松浦祥次郎  公益財団法人原子力安全研究協会評議員会長

(以下略)
エネ調査会「脱原発派」が増加
読売
2011年9月28日

枝野経済産業相は27日、政府のエネルギー基本計画を白紙から見直すため、経産相の諮問機関である総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会の委員25人を発表した。

委員は、菅政権のもとで6月にいったん内定していたが、野田政権の発足でメンバーを追加した。「脱原発」を唱える飯田哲也・環境エネルギー政策研究所長や伴英幸・原子力資料情報室共同代表、電力会社の発電と送電の分離を主張する八田達夫・大阪大招聘(しょうへい)教授らが加わった。

(以下略)
飯田哲也

環境エネルギー政策研究所所長
エナジーグリーン株式会社代表取締役
立山アルプス小水力発電事業取締役
おひさまエネルギーファンド株式会社取締役
備前みどりのまほろば協議会理事
自然エネルギー市民基金代表理事

(2011年当時)
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

ドイツの再エネに関するデマへの対応.2012年1月シュピーゲル誌は事実上FITを失敗と認めた.2006年は2005年よりも電力生産量が低く原子力発電の発電シェアが高かったのに発電部門のCO2排出量が高かった.大容量高性能バッテリーが登場していない段階では再生エネはCO2削減にすら寄与しない.不都合な事実は全部デマヘイト


現段階で「再生エネはCO2削減に寄与している」と断言できるのは、(1)「計画経済的電力受給調整」をしていなければ、(2)不況や電気料金の値上げで当該域の電力を使う産業の生産量が減ったり、一般家庭での節電意識が高まったりした訳でもなければ、(3)「原発の発電シェア」が増えているか「火力の発電シェア」が減るかしており、(4)「再生エネの発電シェア」が増えているのにも拘らず、(5)「単位電力生産量当りの捨てられた電力量」が年々減っている、と云う場合に限られる。少なくとも既存の物理学的基本法則の枠組みの下で論理的思考を働かせた限りにおいては。念のため必要条件と十分条件の混同を避けるためのポイントは以下の15。
  1. 「電力部門のCO2排出量」と「1人当たりのCO2排出量」は違う。
  2. 「1人当りのCO2排出量」のCO2には、「電力部門のCO2排出量」だけではなく、「鉄鉱部門のCO2排出量」も、「窯業部門のCO2排出量」も、「運輸・マイカー部門のCO2排出量」も含む。
  3. 「1人当りのCO2排出量」とは「当該域の総CO2排出量」を「当該域の人口」で割ったものである。
  4. 脱原発宣言はしても未だに原発絶賛稼働中のドイツ等では、「原発の発電シェア」が増えれば「電力部門のCO2排出量」が減ることがある。
  5. 自動車の燃費が向上したり、石油価格が上がりマイカーに乗る機会が減ったり、不況等で鉄鋼やコンクリートの生産量が減れば、「電力部門のCO2排出量」が増えても「1人当たりのCO2排出量」が減ることがある。
  6. 「再生エネの設備容量」が増え且つ「1kWh当りのCO2排出量」が減っても、再生エネを有効活用できなければ、「電力部門のCO2排出量」や「捨てられた電力」は必ず増える。
  7. 再生エネを有効活用できていなくても、「計画経済的電力受給調整」によって「捨てられる電力」を減らすことはできる。
  8. 「1人当りのCO2排出量」を低下させる要因は、再生エネ以外にない訳ではない。
  9. 再生エネが普及すれば必ず「電力部門のCO2排出量」や「1人当りのCO2排出量」が減る、とは限らない。
  10. 生産拠点が当該域外へ移れば、「一人当たり排出量(1人当りのCO2排出量)」は減る。
  11. 地球全体で緑地を増やすことは、CO2削減に寄与する。
  12. 人工光合成技術が発達し稼働すれば、それはCO2削減に寄与する。
  13. 森林を伐採して太陽光パネルを敷き詰めるよりも、原発を安全に且つ大切に使うことの方が、「電力部門のCO2排出量」「1人当りのCO2排出量」「大気のCO2濃度」を減らせる可能性は排除できない。
  14. 太陽光由来の電力だけで太陽光パネルを作れないのならば、「原発より太陽光の方が持続可能性が高い」とは言えなくなる。
  15. そんなに太陽光発電が優れているのならば、未だに原発が絶賛稼働中である以上、脱原発を決定したドイツにおいて太陽光パネルの普及を抑える必要性はない(=電力系統の基礎知識が広く共有されていなかったこともあり、太陽光発電が美化され過ぎていることに気づけなかったから、「こんなはずではなかった(泡々)」となり、太陽光パネルの普及を抑えにかかった)。

大牟田メガソーラー2013年4月21.jpg

一枚目のグラフは大牟田メガソーラーの2013年4月21日の発電実績(出力変動)データです。激しいジグザグを描いています。

晴れ時々曇りの日はすべてジグザグぶりが同じにわる訳ではありませんが、晴れ時々曇りの日は、こんなにも出力が不安定になる訳です。このジグザグぶりが穏やかな方なのか否か? について確認できずにいますが、2013年4月21日の大牟田大牟田メガソーラーの発電実績(出力変動)ですら、出力が急減に二分の一以上減少したことが20回くらいあります。三分の一にまで減少したことは7回くらいあります。

「現在の気象予報や情報通信・電力制御技術」を用いても、調整発電による埋め合せによる太陽光発電の100%有効活用は不可能である。バッテリーを活用しないのならば、高性能雲レーダーと高性能雲が落とす影の大きさ・出力減量計測器が必要になる。こう言って差し支えないでしょう。

大牟田メガソーラー2013年4月19日.jpg

因みに二枚目のグラフは、2日前の大牟田メガソーラーの発電実績(出力変動)です。快晴だったので、きれいなサインカーブを描いています。

大牟田メガソーラー2013年4月19日33%圧縮.jpg

で、三枚目は、二枚目の理想的なカーブを描いている2013年4月19日の大牟田メガソーラーの発電実績(出力変動)を「左右100%、上下33%」の比率でサイズ変更した画像です。

大牟田メガソーラー2013年4月21に2013年4月19日33%圧縮を重ねる.jpg

四枚目は、その三枚目の「左右100%、上下33%」の比率でサイズ変更した2013年4月19日(快晴)の大牟田メガソーラーの出力データ曲線部を黒くした上で切り出し、1枚目の2013年4月21日(晴れ時々曇り)の大牟田メガソーラーの激しいジグザグを描く発電実績(出力変動)と重ねたものです。

晴れ時々曇りの日は、最低でも理想日(快晴日)の出力の三分の1を供給するとかしなければ、電力系統を激しく動揺させることになる。これが日本の再生エネ専門家が認めたがらない現実である。こう言っても差し支えないでしょう。

と言うことで、「ドイツでは…」にツッコミを入れいきましょうか。当ブログにおいては2012年で決着がついている話ではありますが。続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | 電力自由化や再生エネや電力や再稼動の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

閉会中審査安倍首相の「李下に冠を正さず」に陳解釈登場.悪魔の証明ではなくアカウンタビリティー.冤罪事件で警察・検察の責任を問えなくする論理.誤解の原因は誤解された側にある場合も,誤解した側にある場合も,福島第一原発事故の伝言ゲームのように過酷な環境にある場合もある.特に公人は誤解されるような振る舞いを避けよという意味


件の閉会中審査を受けても納得できない人がいることを以て、「説明責任が果たされたとは言えない!」とする。とうとうこのような無茶なことを言う科学ジャーナリストまで登場してしまいました。

「ポスト真実の時代だからな(ニタニタ)」

「空気に縛られる国民性、ってヤツ?(ニタニタ)」
と言ってしまえばそれまでですが。

高校の数学の教師が授業で定理の証明をした時、その授業を受けていた生徒の100%が納得できなければ、定理を証明したことにはならない」と云う話になりますか?

ならない、ですよね?

加えて、証明しても納得されないことはあり得る、訳でしょう?

件の閉会中審査を受けても納得できない人がいることを以て「説明責任が果たされたとは言えない!」と主張することに対し、「それは悪魔の証明だ!」と云うツッコミを入れることは、論点ズラシにはあたりませんでしょう?

最早件の閉会中審査を受けても「それでも納得できない!」「説明責任が果たされたとは言えない!」と主張することは、
  1. 「四国の獣医師の不在と若者の流出に心を痛め、四国を代表し愛媛今治が土地と建設費を準備しながら十年に亘って国、文科省に働き掛けてきた事実」がフレームアウトされているか、
  2. ほぼ横並びで「四国の獣医師の不在と若者の流出に心を痛め、四国を代表し愛媛今治が土地と建設費を準備しながら十年に亘って国、文科省に働き掛けてきた事実」を報じないマスコミに誘導されているか、
  3. 「はじめにアベニクシー」があるか、マスコミの第一報で先入観を抱いてしまったか、
  4. 石破茂や玉木雄一郎獣医師会のように「1校たりとも獣医学部の新設を認めるべきではない」と云う立場か、
・・・って所でしょう?

そもそも誤解の原因は、
  1. 誤解された側にある場合もあれば、
  2. 誤解した側にある場合もあれば、
  3. 両者にある場合もあれば、
  4. 政府事故調が「伝言ゲームのように」と形容した福島第一原発事故時の第二原発への退避騒動のように過酷な環境にある場合もある、
訳ですよね?

「公人に関しては誤解された側が100%悪く、故に全国民が納得するまで説明し続ける責任がある」と云う考えには、理はありませんでしょう?

理があるとしてしまえば、「デマ、フェイクニュース、濡れ衣、疑惑捏造で、政治家や官僚を引き摺り下ろしても構わない」と云う話になってしまう、でしょう?

数学の証明において「証明終わり」と判断する者は誰ですか?

ホリフィールズ賞を受賞した数学者の中においてすら、「公理≒おおやけ」と考えた数学者がいたのは何故ですか?

神の眼差し、共同体の眼差し、未来の数学者の眼差し、歴史(の審判)、・・・等々まで内在化させた上で白日の下に晒さないと、「ヤツを認めることになるのはなんかムカつくから、証明できているけど証明できていないことにしちゃえ!」みたいな浅ましい感情・衝動に衝き動かされ意地悪してしまうヒトが、「証明終わり」と判断するから、ではないのですか?

「李下に冠を正さず」は、「誤解された側が悪い!」と云うお話ではなく、「特に公人は誤解されないように気を付けましょうね」と云うお話、でしょう?続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

石破茂「これまで獣医学部をつくってこなかったのは,税金のむだづかいを無くし需要と供給のバランスを取るため」計画経済の共産主義者の物言いだが百歩譲ってそれが正しいとして,獣医師不在と若者の流出に心を痛め四国を代表し愛媛今治が土地と建設資金を準備した上での10年に亘る要望を第三の道を探らずに撥ねることは許されるのか


マスコミが横並びで報じていない事実までフレームインすれば、「言いがかり」で決定でしょ?

マスコミが「国民の理解と納得を得る」ことができないように報じているだけでしょ?

石破茂の論理を用いれば、「玉木雄一郎や石破茂の場合は、1校たりとも獣医学部の新設を容認できない獣医師会を忖度している疑惑を晴らす必要がある」ってことになるんだが?

そもそも「これまで獣医学部をつくってこなかったのは、税金のむだづかいを無くし、需要と供給のバランスを取るため」って何だよw。計画経済の共産主義者の物言いじゃねーかよw。

百歩譲って、文科行政に関しては計画経済の共産主義であることが絶対正義であるとしても、獣医師不在と若者の流出に心を痛め、四国を代表し愛媛今治が土地と建設資金を準備した上で、何年も前から何度も何度も文科省や国に働き掛けてきた事実が物語る、四国の「また門前払いを喰らった、文科省死ね! 日本死ね!」と言いたくなる程の悲痛な声を受け止め、第三の道を探るのが政治ってやつでしょ? 少なくとも民主主義を標榜する社会においては。

「地震対策をする必要性を感じているが、用地や資金の目処が立たずにもやもやしている。そのような大学はありませんか? 何年も前から四国の獣医師の不在と若者の流失に胸を痛め、土地と建設費を準備した上で獣医学部を誘致している自治体があります。愛媛の今治です。そこへの移転を検討していただけませんか? でなければ、建て替えのための仮移転先として利用してみませんか? 実際に四国に住んでみて、四国に愛着を感じ、四国で獣医師人生をスタートさせる学生が現れるかもしれません。そうなったなら、素敵な話ではありませんか?」みたいな感じでな。

石破氏 首相は「加計学園」引き続き説明尽くすべき
NHK
2017年7月26日

自民党の石破前地方創生担当大臣は、福井市で講演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設について、国の行政に対する信頼に関わる問題だとして、安倍総理大臣は引き続き国民の理解が得られるよう説明を尽くすべきだという考えを示しました。

この中で石破前地方創生担当大臣は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関連して「これまで獣医学部をつくってこなかったのは、税金のむだづかいを無くし、需要と供給のバランスを取るためだ。

安倍内閣で閣議決定した、新設のための4つの条件を満たしていなければ、どんな人であっても認めてはいけない」と指摘しました。

そのうえで石破氏は「行政が公平公正、適切になされていたかどうかという日本国の行政に対する信頼の問題だ。きちんと国民の理解と納得を得ることが大事だ」と述べ、安倍総理大臣は引き続き説明を尽くすべきだという考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170726/k10011075131000.html
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

有田芳生と辻元清美が仕切るネオ社会党化した民進党と獣医師会は忖度するも十年に及ぶ四国愛媛の悲痛な声を忖度しなかった石破茂自民党のネオ翼賛会が日本を仕切る!?何時何処で誰がどのような意図を持って作成されたのかが不明な文書,メール,メモを恣意的に出すことで疑惑を捏ち上げ戦前へ一気に針を戻した官僚とマスコミと学者


獣医学部の新設を嫌がるのならば、せめて建て替えの必要性を感じている大学に「獣医師の不在と若者の流出に心を痛め、四国の悲痛な声を背負い土地や建設資金まで準備しながら十年以上国に要望してきた愛媛今治」への移転を働き掛けるのが公共心・義侠心ってヤツだわな。

歴史のある獣医学部ではない。合コンとバイトに難儀するであろう。この二点から個人的には「こんなはずではなかった(泡々)になるだろう」「建て替えのための仮移転先として機能させるしかないだろう」と思っているが、「四国から若者が流出しっぱなしでも構わない」「四国に獣医師がいなくてもかまわない」とはならんだろう。

石破茂前地方創生相や野党や産経新聞以外のマスコミは、安倍晋三首相より糞だろう。「糞」は主観的に過ぎるにしても、「地方切り捨て野郎度が高い」ことは確かだろう。

石破茂「献金100万円で加計潰し」報道が示す“総理の意向”
NEWSポストセブン週刊ポスト2017年8月4日号
2017年7月24日

官邸と自民党内でついにスキャンダルの「刺し合い」が始まった。加計学園問題の説明責任から逃げ回っていた安倍晋三首相が予算委員会の閉会中審査で答弁に立つことが決まると、機先を制するように反安倍派の急先鋒、石破茂・元幹事長の“疑惑報道”が飛び出したのだ。

スキャンダル爆弾を投下したのは「親安倍」メディアと自他共に認める産経新聞だった。

加計潰しに奔走する獣医師会

7月17日付の朝刊1面トップにそう大見出しを打ち、『加計学園 行政は歪められたのか?』という短期集中連載をスタートさせた。

内容も刺激的だった。石破氏が自民党幹事長時代(2012年12月)に日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け、国家戦略特区担当の地方創生相に就任すると、獣医学部新設が極めて困難となる「石破4条件」が閣議決定された──というストーリーだ。

産経は日本獣医師政治連盟委員長の北村直人・元代議士と日本獣医師会会長・蔵内勇夫氏の2人に向けて石破氏が語った、「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました」という生々しい発言を報じている。

ところが、石破氏、北村氏、蔵内氏(獣医師会)ともに本誌取材にこの石破発言を否定した。なぜ、産経新聞は3人だけの密室での会話をまるで見てきたように書くことができたのか。

実は、産経の記事の“アンチョコ”と思われる内部文書がある。獣医師会の会議報告や会長短信といった書類だ。

獣医師会の平成27年度第4回理事会の会議報告(議事要旨)には、北村委員長の活動報告の項目に件の「練りに練って」云々の石破発言と全く同じ文章が出ているのである。この会議報告は現在、獣医師会のホームページからは削除されている。北村氏に聞いた。

「会議で多少、成果を誇示する表現で報告することはあるじゃないですか。あれは石破さんの実際の発言ではなく、私の説明を獣医師会の事務局がまとめたもの。産経はこの会議報告をみて、想像を膨らませて書いたのではないか」

苦しい弁明ではある。これまで「加計ありきではないか」(北村氏)と批判してきた獣医師会側が議事録の内容を否定するなど、文科省文書を「怪文書」扱いした官邸と、“どっちもどっち”の泥仕合である。

獣医師会の自爆文書

興味深いのは、一連の文科省・内閣府文書が加計学園の獣医学部認可をゴリ押しする官邸の圧力を物語る内容なのに対し、これらの新文書は獣医師会が獣医学部新設を阻止するためにいかに政界工作を展開したかを明らかにしていることだ。

そこからは安倍政権の深奥部で、加計をめぐる政治家の権力闘争が起きていたことが読み取れる。いくつかピックアップしよう。平成27年度第2回理事会では、北村委員長が次のように報告している。加計学園の獣医学部新設の特区認定について、
〈蔵内会長は麻生財務大臣、下村文部科学大臣と折衝をし、私(北村)は石破大臣と折衝をし、1つの大きな壁を作っていただいている〉

日本獣医師会の蔵内勇夫会長は「会長短信」で国家戦略特区による獣医学部新設に激しく抵抗する。

〈下村文科大臣(当時)と面会し平成27年6月に閣議決定された「日本再興戦略」に記載された成長戦略特区による「獣医系大学の新設に関する検討」について意見交換を行ない、「実質的に獣医系大学の新設は困難と考えている」旨強く主張した〉(平成27年8月19日の会長短信25号)

〈私や日本獣医師政治連盟の北村直人委員長をはじめとした本会の役職員は、できれば獣医学部新設決定の撤回、これが不可能な場合でもせめて1校のみとするよう、山本幸三地方創生大臣、松野博一文科大臣、山本有二農水大臣、麻生太郎自民党獣医師問題議員連盟会長、森英介同議連幹事長など多くの国会議員の先生方に、本会の考え方をご理解いただくよう奔走しました〉(平成29年1月30日の会長短信42号)

こう見ると、獣医師会側は議連会長の麻生副総理兼財務相、石破地方再生相(当時)という新設慎重派の大物政治家や安倍側近たちを味方につけ、他の大臣たちを切り崩そうとしていたことがわかる。

なぜか産経記事は同様に陳情攻勢を受けた麻生氏、下村氏、山本幸三氏らには言及していない。ポスト安倍を目指す動きを見せる石破氏への“カウンターパンチ”にも見えるのだ。しかし、獣医師会の工作は実らず、最終的に加計学園の学部新設方針は決まった。

では、麻生氏や石破氏を上回る政治力で権力闘争に勝利し、「加計GO」を押し通すことが出来たのは誰か。それはやはり「総理のご意向」と考えるのが自然だろう。

獣医師会の内部文書は獣医師会側の石破氏らへの政界工作を“告発”する自爆文書となった。しかし、図らずも加計学園への獣医学部新設を決定づけたのが「総理のトップダウンの意向」だったことを、同時に陰画のように浮び上がらせたのである。

https://www.news-postseven.com/.../20170724_595462.html

加計側の依頼「なかった」…首相、適正さを強調
読売
2017年7月24日

衆院予算委員会は24日午前、安倍首相が出席して閉会中審査を行い、国家戦略特区を利用した学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題と陸上自衛隊の日報問題を巡って論戦が交わされた。

安倍首相が加計学園問題について説明するのは東京都議選後初めて。首相が学部新設手続きは適正に行われたと強調したのに対し、野党は当初から「加計ありき」だったとして追及した。予算委は午後も引き続き質疑が行われ、25日には参院予算委で閉会中審査が行われる。

安倍首相はこの日の予算委員会で、加計学園理事長が長年の友人であることについて、「李下に冠を正さずという言葉がある。国民から疑念の目が向けられるのはもっともだ。今までの答弁でその観点が欠けていた。足らざる点があったと率直に認めないといけない」と述べ、これまでの自らの答弁ぶりを反省した。

一方で、理事長からは獣医学部新設の依頼が「全くなかった」として、国家戦略特区の学部新設手続き自体は適正に進められたとの考えを強調した。大串博志氏(民進)は、理事長と首相の親密ぶりを取り上げ、「加計ありき」で手続きが進められたのではないかと追及した。

参考人として出席した前川喜平・前文部科学次官は加計学園問題を巡り、昨年9月9日に和泉洋人首相補佐官から、「総理は自分の口からは言えないから私が代わりに言う」などと学部新設を急ぐよう働きかけられたと訴えた。

前川氏はさらに、和泉氏の発言について「加計学園のことだと確信した」として、改めて首相官邸側の意向が働いたとの認識を示した。

これに対し、和泉氏は前川氏と面会し、「スピード感を持って取り組むことが大事だ」と述べたことは認めたものの、前川氏から指摘された発言内容については「言っていない」と全面否定した。

参考人として出席した国家戦略特区ワーキンググループの八田達夫座長は、愛媛県今治市での国家戦略特区で加計学園の獣医学部新設を認定した経緯について説明した。八田氏は、首相から加計学園を優遇するよう意向が示されたことはないとしたうえで、「首相の友人と全く関係なく、議論してきたのは明らか。特区決定のプロセスに一点の曇りもない」と強調した。

加戸守行・前愛媛県知事は、公務員獣医師の不足などから学部新設の必要性を訴え、「話に乗ってくれたのは加計学園だけだった」と述べた。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170724-OYT1T50017.html

朝日新聞の前川英雄視は軍部独走礼賛の再現だ
八幡 和郎
2017年7月23日

先週金曜日(7月21日)のフジテレビ系「バイキング」で話したことを補足して紹介する。

稲田防衛相は自発的に辞任したほうがよい。そうしたら政治生命は残るが最後まで粘ったらそれが危ない。10日間だけのことだから臨時代理でも良いのだ。誰か横滑りさせて10日だけほかの大臣を滞留している高齢の政治家にさせれば喜ぶし在庫対策にもなる。

内閣支持率を上げるためには、政権のイメージを変えるためには菅長官が大胆にイメージを変えるか、政府報道官の仕事を別の大臣にさせるか、交代すべきだと思う。聞かれた質問に必要なことだけを答えるスタイルは飽きられた。先回りをしても説明する方が良い。

ただし、稲田防衛相を追い込むようなリークが制服組から出ている印象あり。稲田さんの不徳のいたすところではあるが、どうも、前川喜平がヒーロー扱 いされてから、気に食わない政治家をつぶすために部下の官僚が不確かな内部文書をリークすることに抵抗感がなくなっているようだ。これはまさに、前川喜平 を英雄視する馬鹿どもについて心配していたことだ。こういう自分の党派的な利益のために原則を曲げるようなことを許す風潮が文民統制を崩さないか心配だ。 (テレビではいわなかったが)まさにいつか来た道。朝日新聞は戦前の過ちを繰り返そうとしている。

外交では分かりやすいヒットが出てない。本当はEUとのETP交渉の妥結は大ヒットで、外国のマスコミでは大きく取り上げられているが、日本のマスコミはヨーロッパのことに関心がないので、取り上げない。

経済はそこそこうまくいっているが、これ以上、支持率向上の材料にはならない。地方創成、教育改革あたりで思い切った政策提言が必要。

閉会中審査での与野党質問時間は、与党も聞きたいことがあるのなら時間を要求するのは当然。野党は総理がいいたいことは質問しないのだから、総理が説明したいという趣旨からすれば与党の質問に時間をとる必要があるのは当然。最終的に7:3になったのは妥当な妥協だろう。

坂上忍氏と東国原氏が、われわれは自民党がいやなのではない。野党がもうひとつだから自民党のなかでの対抗勢力が出てくれることを期待したというよ うな趣旨のことをいい、「八幡さんは自民党寄り」と振ってきたので、「私は民進党好きですよ」といったのたのだが、これは、以前から東国原さんなどと意見 が違うところだ。

そこで、テレビでは言ってないが補足するとこういうことだ。私は党内抗争で政権が代わるような旧い55年体制の政治に戻るべきでないと思う。基本的 に、与党内の党内の抗争で総理が交代するなどというのは、先進国で滅多にない。アメリカ大統領でも党内で現職大統領に対抗馬が出ても成功することはほとん どない。それが正常だ。

安倍内閣が信任を失ったら、民進党を中心とした政府にしたほうがよいかどうか国民が考えるのが筋だ。民進党が代表を変えるか、政権再編で新党になるべきだ。

そして、次の選挙では野党に負けそうになったときに、与党内でも交代論が出てくるというのが先進国の政治だ。

石破茂は国会での質疑で「野党の後ろに国民がいるのを忘れてはならない」とかいったが、これは無茶苦茶だ。野党こそが国民代表という朝日新聞的とい うかボリシェビキ的独善論理に乗っかられてしまっている。石破氏はそこまでいうなら、党をさっさと出て政界再編の旗を掲げれば良い。

加計問題では、ふたつの議論があった。ひとつは、準備が足りなかったという京都産大の副学長会見について、政権を救うための助け船というような指摘 もあったが、「愛媛県は10年間訴え続けたのに対して、こちらは1年。努力が足りなかった」と京都府の山田知事がいうように、一年遅らせばできるのかとい うことについてだって疑問で、もともと無理がある話だ。

森友小学校でも分かるように、先生を揃えて、校舎も建設して、確実に開校できるという準備がない限りは文部行政では認可が下りない。(ぎりぎりまで最終判断を引き延ばしていろいろ条件をつける。そしてそれを円滑に進めるために天下りの押しつけも出てくる)。

前川喜平が守りたかったのは、そういう恣意的な行政なのである。

また、東国原氏は自由競争にすればいいとおっしゃる一方で、需要予測に応じて認める論理は肯定されていたが、需要予測に応じてという論理は一貫して とられているわけでない。法科大学院だってそうだし、たとえば、英文科や仏文科で学んだことを生かせる仕事の需要で定員が決まっているものでない。教育学 部でも教員の定数よりはるかに多くの学生が学んでいる。

結局は後ろにいる業界が新たに認めないと抑制されたり、学界のボスどもが弟子を送り込むポストが欲しければ増やしてるだけだ。

http://agora-web.jp/archives/2027358-3.html
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

加計学園問題ははじめに安倍憎しありき.愛媛県前知事の要望等はじめに四国の獣医師不足ありきがあり,新設を促がしたが動かず,特区で新設を試みるしかなくなり,その際立候補した大学が3校に及び,獣医師会等からせめて1校にしてくれとの要望があり,ならばせめて獣医学部がない地域に且つ長引かせられないので平成30年を目途とした,のでは?


加計新学部:獣医師会の北村氏が反論へ 山本担当相発言に
毎日
2017年7月22日

日本獣医師会顧問で政治団体・日本獣医師連盟委員長の北村直人元自民党衆院議員は22日、毎日新聞の取材に、国会の閉会中審査の参考人招致に応じる意向を示した。加計学園が獣医学部を新設する事業者に決まる2カ月前、山本幸三地方創生担当相が学園による新設を前提とした発言をしたことが記録された獣医師会側の内部文書を巡り、山本氏が内容を否定していることに反論するとみられる。

文書には、昨年11月に山本氏が「四国に新設することになった」と語ったことが記されているが、山本氏は京都府も新設を提案していたことから「『京都もあり得る』と述べた」と主張。北村氏はこれまで文書の一部を報道陣に示し、京都を巡る山本氏の発言は「記録にない」としていたが、22日は「(全文を)精査したら京都に言及していた」と修正した。ただ山本氏の発言として「放っておくと京都などが続いてくる」「そうならないようにする」との記載もあるとし、北村氏は「山本氏が『加計ありき』だったことに変わりはない」と述べた。【遠藤拓】

https://mainichi.jp/articles/20170723/k00/00m/040/054000c

「合コンとバイトに難儀すると不人気大学になるよ?」「地震対策としての建て替えを促すための仮移転先として機能させるしかないんじゃねーの?」と感じていますし、安倍政権も批判対象であったりしますが、こうなのではないのでしょうか?

はじめに愛媛県前知事の悲痛な声ありき。
はじめに四国の獣医師の不在ありき。
はじめに四国からの若者の流出ありき。

そこには自民党も民主党・民進党もなかった。だから高井たかしも山口俊一も石破茂に働き掛けをしたりもした。

何度も国に悲痛な声を届けた。四国としてできることはやった。県民、市民の理解を得ながら、土地も確保した。場所は愛媛県今治市。そして各大学に呼びかけた。たった1校だけ「やってみようか」と申し出てくれた大学があった。それが岡山理科大(加計学園)であった。

しかし何度も何度も門前払いを喰らった。10年以上に亘って。

獣医師会等からの反発もあった。当然である。「高い授業料を6年間も払ったのに・・・」と云うことが起こり得る。

文科省からすれば大学を増やすことに対する抵抗感もあった。当然である。少子高齢化が進んでおり、「大学全入時代」と云う言葉が登場して久しい。

どちらにも理はあった。どちらかが一方的に間違っている訳ではなかった。

故に、フレームインさせる事実をコントロールすれば、どちらかを一方的に悪者に仕立て上げることが可能になる。

・・・。

このような時、天下り斡旋問題が発覚した。

国会では、国際組織犯罪防止条約(TOC条約)に加入するために、共謀罪改めテロ等準備処罰罪を新設しようとしていた。

・・・。

違法である天下りの斡旋は、文科省だけで六十二件にも及び、四十三人が処罰された。その中には事務次官だった前田喜平もいた。

在学中に司法試験に合格するような者までいる東大法学部卒の官僚が、退官後の食い扶持を潰された。それも私大卒の英語もできない安倍晋三によって。

安倍晋三に対する憎悪は凄まじいものがあったのではないのか。「私の座右の銘は面従腹背です」と言ったのは、「なんで東大卒の我々エリートが、安倍晋三のような頭の悪い者の言うことをきかなきゃいけないんだよ! そもそも官僚主導じゃないと国が滅びるってw 民度が低く民主主義なんかやったらポピュリズムになっちゃう訳だしw」と云う気持ちが込められていたのではないのか。

そもそも人格者でない限り、自分より頭が悪いことが分かったら差別してしまうのがヒトである。

退官後の食い扶持を潰された怨念は凄まじいものがあったはずであり、官僚の総意として「天下り斡旋を見て見ぬフリをできないような政治家は、サボタージュどころか、文書・メール・メモを切り貼りして安倍晋三のように潰してやるからな! よく覚えておけ!」と全政治家に学習させたくなる、ものなのではないのか。

・・・。

国際組織犯罪防止条約に登場する「重大な犯罪(=長期四年以上の自由を剥奪する刑又はこれより重い刑を科することができる犯罪を構成する行為)」には、テロは含まれない。国際組織犯罪防止条約は、テロ対策ではなくマフィア対策を目的としている。故に、国際組織犯罪防止条約に加入するためであっても、共謀罪改めテロ等準備処罰罪は不要だ。こう主張する憲法学者もいた。

が、何にせよ、国際組織犯罪防止条約に登場する「重大な犯罪(=長期四年以上の自由を剥奪する刑又はこれより重い刑を科することができる犯罪を構成する行為)」を、マネーロンダリングの取り締まりを強化することで防ごうとする営為は、マフィアにとって嫌な営為であることは確かである。

念のためそれだけではない。国際組織犯罪防止条約に加入すれば、例えば覚醒剤や武器を密輸することで日本を破壊しながら日本からカネを巻き上げている国家が、国連でテロ支援国家認定されれば、その国家はとても困ったことになる。

・・・。

斯くして、天下り先を潰された官僚・元官僚のアベニクシーと、暴力団のアベニクシーが同時期に爆発することになる。

因みに、巧みな話術で推測を内部告発風に仕立てた前川喜平は、国際組織犯罪防止条約への加入を嫌がる暴力団が仕切るJKビジネス(出会い系バー)の常連客だった。
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 06:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

『あずきバー』の井村屋が貧困調査を研究テーマにした学生のために『出会い系バー』を発売?歴史に「前川喜平は出会い系バーに通い弱みを握られこの社会この国の未来を歪めた.人口動態的にも憲法九条を俎上に載せる形の憲法改訂最後の機会を潰した」と刻まれる?リスク回避行動としての安倍降ろしと鈴木寛と石破茂とマスコミファッショ


開発者を泣かせた『あずきバー専用かき氷機』発売へ 試作第6号でついに完成
おたくま経済新聞
2017年5月22日

アイス界のダイヤモンドこと『あずきバー』ですが、今年もそろそろ暑くなりだしたので食べたくなってきている人も多いのではないでしょうか? そんな中、6月29日にあずきバー専用のかき氷機がタカラトーミーアーツの『おかしなシリーズ』から発売されることになりましたよ!!

『おかしなシリーズ』は誰もが知っているような身近な食べものを“簡単アクション”でより楽しく美味しくアレンジしようというコンセプトの商品。今回、シリーズ新商品として挑んだのが井村屋より販売されている、年会販売本数2億5000万本以上の国民的人気アイスキャンディー・あすきバー。無香料・無着色の昔ながらの製法で作られるあずきバーは、その美味しさもさることながら「固さ」でも度々話題になり「世界一固いアイス」とも言われています。

■あずきバーに敗北しつづけようやくたどり着いた第6号機

タカラトミーアーツはこのあずきバーをふわふわのかき氷にしてみたいという想いで、2016年9月から商品開発を重ね試行錯誤したそうです。

安全面やコストなどの点を考慮し、数ヶ月の構想ののち試作1号機を完成させたものの、社内の検証でうまく削ることができず再検討することに。

改善点を洗い出し、試行錯誤を重ねてようやく試作機を井村屋に持ち込んだものの、プレゼンテーションの場であずきバーの固さに敗北し壊れてしまいました。さらに何度も井村屋を訪れ、担当者の目の前であずきバーを削ろうとしては失敗するということを繰り返したんだそうです。

そして、ようやく第6号機目にしてやっとキレイなかき氷をつくることに成功!! うーん、涙なくしては読めない誕生秘話ですね。

【完成品に至るまでの歴史】

・第1号機
第1号機はあずきバーを2本の強力なバネで固定しプラスチックの刃で削る仕様でした。しかし、バネの力不足で半分くらいまでしか削ることができず断念。

・第2号機
第2号機はあずきバーを下へ押し込みながら削る仕様のものでしたが、途中でハンドルが折れてしまう事態に。

・第3号機
サイドハンドルタイプの第3号機は回転に対する負荷を軽減したところ、ハンドルが重すぎて回し進めることができず断念。

・第4号機
三枚刃タイプに改良するも、改良があだとなり抵抗を高めてしまい第4号機もハンドルが重すぎる結果に……。

・第5号機
削りにくさの理由の一つスティックの存在を何とかしようと考える。スティック引き抜きのための専用パーツを開発。スティック引き抜きタイプの第5号機でようやくゴールが見えてきた。

・第6号機

(以下略)

http://otakei.otakuma.net/archives/2017052201.html
辞任の前川・前文科次官、出会い系バーに出入り
2017年5月22日

文部科学省による再就職あっせん問題で引責辞任した同省の前川喜平・前次官(62)が在職中、売春や援助交際の交渉の場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に出入りしていたことが関係者への取材でわかった。

(以下略)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170521-OYT1T50148.html
萩生田副長官、兼職届怠る…「加計」系客員教授
読売
2017年7月8日

学校法人「加計(かけ)学園」系列の千葉科学大学で無報酬の客員教授を務める萩生田(はぎうだ)光一・官房副長官が、「大臣規範」で義務づけられた兼職届を約1年8か月にわたって怠り、6月2日に出していたことがわかった。

(以下略)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170708-OYT1T50000.html
石破・自民元幹事長:民進憲法勉強会、直前欠席 野党接近の臆測避ける?
毎日
2017年7月15日

民進党の前原誠司元外相ら保守系議員は14日、東京都内で自民党の石破茂元幹事長を招いた憲法勉強会を企画した。しかし、直前に石破氏が出席を取りやめ、勉強会は延期になった。

(以下略)

https://mainichi.jp/articles/20170715/ddm/005/010/055000c
自民・石破茂「キジも鳴いたら撃たれるが、2、3羽目が党内にいる」 安倍晋三政権に「もの言う」と強調
産経
2017年7月11日

自民党の石破茂前地方創生担当相は10日夜のBS日テレ番 組で、安倍晋三政権の対応が民意とずれないよう党内から意見や批判を発信すべきだとの考えを示した。「きちんとものを言わないと、(政府と)国民との感覚 が離れてしまう。自民党はそれで失敗してきた。それは、やってはいけない」と強調した。

同時に「キジも鳴いたら撃たれる。1羽撃たれて、その後(続かずに)だめだったらどうしようもないが、2羽目、3羽目、4羽目は必ず自民党にいる」とも述 べた。

(以下略)

http://www.sankei.com/politics/news/170711/plt1707110018-n1.html
自民・石破茂前地方創生担当相 小池百合子東京都知事との連携に慎重姿勢 「ポスト安倍」に重ねて意欲「私が何をやるかに注目して」
2017年7月11日

自民党の石破茂前地方創生担当相は10日放送のテレビ朝日番組で、地域政党「都民ファーストの会」を実質的に率いる小池百合子東京都知事との将来的な連携に慎重な考えを示した。「小池さんのやろうとしているこ とは何か。自民党がやることは何か。それが一致しないのに、単に数だけ合わせようというのは日本にとっていいことだと思わない」と述べた。

一方で来年秋の党総裁選に関し、財政や社会保障、人口減少などの課題に言及した上で「誰がやるかではなくて、何をやるかだ。私なら、私が何をやるかということに注目していただきたい」と述べ、安倍晋三政権後の「ポスト安倍」に意欲をにじませた。

(以下略)

http://www.sankei.com/politics/news/170711/plt1707110015-n1.html
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

「このハゲーーー!」豊田真由子氏に自民「ハゲ議連」の見解.♪そうさ僕らは世界に一つだけのハゲ♪一人一人違うハゲを持つ♪豊田真由子議員のパワハラ音声によって認知システムが歪められSMAPの大ヒット曲『世界に一つだけの花(作詞作曲槇原敬之)』が『世界に一つだけのハゲ』に聞こえるようになってしまった.違うだろーっ゛!?


「このハゲーーー!」豊田真由子氏に自民「ハゲ議連」の見解
NEWSポストセブン週刊ポスト2017年7月21・28日号
2017年7月13日

秘書を「このハゲーーー!」と罵倒した音声テープを暴露されて一躍「時の人」となった豊田真由子・衆院議員(42)。彼女は現在「入院中」と、スキャンダル政治家定番の雲隠れを決め込んでいるが、国会に復帰するのは勇気がいるだろう。国会にはハゲに悩むセンセイ方の“大派閥”があるからだ。

豊田氏が所属していた自民党には「日本を明るくする会」という議員連盟が存在する。毛髪の乏しい議員5人を中心に“結党”され、今や名誉総裁に菅義偉・官房長官を迎えるなど34人の一大勢力となっている。

さぞ彼らは豊田議員のハラスメント発言に怒っているに違いない。議連幹事長の宮沢博行・衆院議員に話を聞いた。

「その問題については、ちょっとお答えできないですね。会の中でも賛否両論あって見解が定まっていないですし、発言の真意も分からないので……。豊田先生については、批判することもハゲますこともできません! 私たちはハゲを誇りに思っている明るく前向きな団体です。罵られた秘書さんにもぜひ我々の“光”が届けばと思います」

いくらハゲ議連とはいえ、同僚の不祥事にはコメントしづらいということか。

せっかくだから、豊田氏をハゲましてくれそうな人を探してみた。

(以下略)

https://www.news-postseven.com/.../20170713_585506.html
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | 苦情受付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

安倍引き摺り下ろしも蓮舫引き摺り下ろしも戦前回帰.前川が参考人招致された国会で山本が「四条件を満たしている」と言えば石破は「僕は個人的にはそうは思っていない」と言い「石破が満たしていないって言ってんだから満たしてない.意向はあった」キャンペーンを張っていた.森友学園は右系戦前回帰で坂本龍一の小さなEU論は左系戦前回帰


激しい応酬で完敗 前川氏に“倍返し”された菅長官の赤っ恥
日刊ゲンダイ
2017年7月11日

加計学園を巡る疑惑を告発した前川喜平前文科次官を参考人招致した10日の閉会中審査。疑惑はクリアになるどころか、ますます深まった。

元文科省審議官の寺脇研氏(京都造形芸術大教授)はこう言う。

「キーパーソンの和泉洋人首相補佐官は欠席。政府答弁はメチャクチャ。加計問題は解明されたと納得する国民がいたら不思議なくらいです」

前川氏と政権サイドの主張は真っ向衝突。新事実や新文書は出てこなかったが、見モノだったのが菅官房長官や山本地方創生相との応酬だ。

国家戦略特区の選定が「加計ありき」だった舞台裏をバラした前川氏を、菅長官は「地位に恋々としがみついていた」と中傷。10日も、「前川氏から〈定年期限の3月まで続けさせてほしい〉との話があった」と繰り返し、杉田官房副長官を通じて定年延長の打診を受けたとおとしめようとしたのだが、前川氏が「そのような事実はございません」と正面から反論。「私は1月4日の時点で引責辞任を決意し、翌日に松野文科相へ申し出た。定年延長してほしいとか、3月まで在任したいとか、申し上げたことは一切ない」と言い切った。

理路整然とリアリティーある説明をする前川氏に菅長官はグーの音も出ず、終始、苦虫を噛み潰したような表情を浮かべていた。

■語るに落ちる「加計の目的は金儲け」

その上、前川氏は杉田副長官による天下り問題の隠蔽工作を証言。再就職等監視委員会への資料提出に先立つ昨年12月の杉田副長官との面会で、「〈他府省に関わるものは出すな〉と杉田氏から指示があった」とし、文科省がトカゲの尻尾切りに遭ったと明かし、菅長官の仏頂面はみるみる凍りついた。

メモも見ずに淡々と話す前川氏にペースを乱され、山本大臣の棒読み答弁はエスカレートし、発言内容も錯綜。獣医学部新設を正当化して「需要はハッキリあります」と言ったそばから、「需給の量や数をハッキリ示すなんて無理。市場メカニズムで決まっていくしかない」と口にした。

(以下略)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209216
加計問題、なぜか報道されない「当事者」前愛媛県知事の発言全容
J-CASTニュース
2017年7月11日

2017年7月10日に行われた学校法人「加計学園」をめぐる閉会中審査で、インターネット上の注目を集めたのは、一連の疑惑を告発した前川喜平・前文科次官の発言ではなく、愛媛県今治市への獣医学部誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事の約20分間にわたる訴えだった。

前川氏の「行政がゆがめられた」発言に対し、加戸氏は「岩盤規制に国家戦略特区が穴を開け、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい」と反論。さらには、今回の加計問題を報じるメディアへの批判も展開するなど、踏み込んだ発言の内容が賛否を広げている。

「獣医師が確保できない」

加戸氏は旧文部省OBで、愛媛県知事を1999年から2010年まで3期12年務めた。今治市への獣医学部誘致をスタートさせた「当事者」で、今回の閉会中審査では与党側の求めに応じて参院での審議に参考人として出席した。

自民党の青山繁晴議員の質問で答弁に立った加戸氏はまず、「10年前に愛媛県知事として今治市に獣医学部の誘致を申請した当時のことを思い出して、はなもひっかけて貰えなかった問題が、こんなに多くの関心を持って頂いていること、不思議な感じがいたします」と皮肉の効いた一言。

続けて、鳥インフルエンザやBSE(牛海綿状脳症)といった感染症対策の充実を大きな目的に獣医学部の誘致に取り組んだが、文科省への申請は一向に通らなかったとして、「(前川氏の)『行政がゆがめられた』という発言は、私に言わせますと、少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴を開けて頂いたということで、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい発言ではないのかなと思います」と述べた。

さらに加戸氏は、四国では「獣医師が確保できない」現状もあったとして、国や専門団体が獣医学部誘致に反対することは「あまりにも酷い」と感じていたと説明。その上で、「私の知事の任期の終わりの方に、民主党(当時)政権が誕生して『自民党じゃできない、自分たちがやる』と頑張ってくれた。(中略)ところが、自民党政権に返り咲いても何も動いていない。何もしないで、ただ今治だけにブレーキをかける。それが、既得権益の擁護団体なのかと、悔しい思いを抱えてきた」と声を震わせて訴えた。

YouTubeが「すべてを語り尽くしている」

このように獣医学部新設をめぐる経過を説明した上で、加戸氏は、自身が訴えてきた獣医師の養成が進まない中で、現在「今治は駄目、今治は駄目、加計ありき」と言われることについて「何でかなと思ってしまう」との不満を漏らした。

そして、「私は、加計ありきではありません。たまたま、今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達だったからこの話が繋がってきて、飛びついた。これもダメなんでしょうか。お友達であれば、全てがダメなのか」と主張。続く質問の答弁では、「本質の議論がされないまま、こんな形で獣医学部がおもちゃになっていることを甚だ残念に思う」とも述べた。

さらに加戸氏は、加計学園問題をめぐるメディア報道にも不満を漏らした。これまでに受けた取材について、「都合のいいことはカットされて、私の申し上げたいことを取り上げて頂いたメディアは極めて少なかったことは残念」だと指摘。

その上で、国家戦略特区諮問会議の民間議員が6月13日に開いた記者会見で、加計学園の獣医学部新設のプロセスについて「正当」と結論付けたことを、加戸氏はYouTubeの動画で見たとして、「これが国民に知ってもらうべき重要なことなんだなと思いました。(中略)あのYouTubeが全てを語り尽くしているのではないかな、と思います」とも話していた。

三原じゅん子氏「加戸氏も大事な事話してるのに、、、」

こうした加戸氏の答弁は、主にインターネット上で大きな注目を集めており、その踏み込んだ訴えの内容に賛否の大きく分かれた意見が出ている。加戸氏の答弁を支持するユーザーからは、「加戸さんの話は響くものがあった。地方は何か打って出なくてはいけないのに、野党も前川さんも規制で閉めだすことばかり」「加戸元知事の切実な訴え聞くとこの問題の本質って既得権益を持つ獣医学会との戦いなんだな・・・・て思う」といった意見が出る一方、今回の発言内容について、「県議と加計の事務局長がお友達で話が進んだと公平でないことを自分で言ってんだ」「今治市に獣医学部の大学を誘致したいという彼の熱い思いと今回の政策プロセスの不透明性の間には何の関係もない」と否定的にみる意見もみられた。

そのほか、前川氏をはじめとした計3人の参考人の答弁のうち、加戸氏の発言がメディアの報道で取り上げられるケースが少ないという指摘も目立った。実際、自民党の三原じゅん子参院議員は7月11日14時過ぎに更新したツイッターで、「昨日の閉会中審査の模様が報じられていますが、どの番組も平井卓也議員と青山繁晴議員の質疑はスルー。加戸元愛媛県知事も大事な事話してるのに、、、」との不満を漏らしている。

(以下略)

https://www.j-cast.com/2017/07/11302992.html
金子勝 @masaru_kaneko

【山本地方創生相がガン】山本地方創生相は「文科省が4項目に違反していると立証していない以上問題ない」と答弁。獣医学部4条件を決めた内閣府自身が、4条件を満たしていると判断した証拠を示せない。他方で、抵抗した文科省を抵抗勢力と言う。

金子勝 @masaru_kaneko

【山本地方創生相がガン2】山本地方創生担当相は12年3月5日の衆院予算委の分科会で、知人の証券会社元執行役員のインサイダー取引事件で証券取引等監視委の強制調査を受けたことを批判。5月ごろ、監視委の幹部を呼び出し「違法調査」と恫喝。
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

参考人招致前川喜平が青山繁晴に「天下り問題」と「獣医学部の問題」を結びつけるのは誤りだと主張する一方で「国際医療福祉大学新設&天下り問題」をスルーしながら「何時何処で誰が如何なる意図を持って作成したのかが不明である文書・メール」と「行政が歪められた問題」を結び付ける.「と思う」を削除し内部告発風にする印象操作法


加計問題:「印象操作」空振り 前川氏、追及に淡々と
毎日
2017年7月10日

学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、10日に行われた国会の閉会中審査で、与党側からは参考人招致された文部科学省の前川喜平前事務次官に対する攻撃的な質問が相次いだ。前川氏は時折強い言葉を選びながらも冷静な受け答えを繰り返した。発言内容の信ぴょう性を低下させようとする与党側の「印象操作」を退けた格好だ。【遠藤拓、大場弘行】

午後の審査で、青山繁晴参院議員(自民)は天下り問題を引き合いに出して前川氏を批判した。

これに対し、前川氏は文科省OBで内閣官房参与だった加計学園理事から獣医学部新設に向けた速やかな対応を求められたものの応じなかったと説明。「OBから現役への働きかけこそが天下りの弊害だ。私は政策判断には影響させなかった。そんたくとか、審査を甘くするとか、そうしたことはすべきでない。天下り問題と、獣医学部の問題を結びつけるのは誤りだ」と切り返した。

民進党の蓮舫代表は、菅義偉官房長官が5月下旬の記者会見で、前川氏が「地位に恋々としがみついていた」と指摘したことを取り上げた。菅氏が「せめて定年期限の3月末まで続けさせてほしい」との前川氏の意向を報告されたとした上で「当然、自らお辞めになるべきだろうと言った」と説明すると、前川氏は「どこで間違っているか分からないが、その経緯は全く事実に反する」と語気を強めて反論した。

衆参両院で計約7時間の長丁場となったこの日の審議。前川氏は自身の発言を安倍政権追及につなげたい野党側の思惑には必ずしも乗らず、たびたび「私からは説明できない」などと述べた。淡々とした口調が目立ち、答弁に慣れた官僚らしさも垣間見えた。

出会い系バーへの出入りを「女性の貧困の実地調査」と説明したことを丸山穂高衆院議員(日本維新の会)から指摘されると、「言葉遣いは適切でなかったかもしれない」と答えた上で「(官邸の動向と)読売新聞の記事は連動していると主観的に感じ取った」と主張した。文科省の内部文書について「流出元では」と平井卓也衆院議員(自民)からただされると「答えを差し控える」とかわした。

(以下略)

https://mainichi.jp/articles/20170711/k00/00m/040/108000c

この毎日新聞の記事は、「『印象操作空振り』と青山繁晴氏が印象操作を企てたかのように印象操作した記事である」と言われても致し方のないような内容の記事でしょう。続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

前川喜平前事務次官参考人承知決定で再びオウム村井秀夫刺殺事件前夜へ.北朝鮮のICBM成功を安倍への当てつけとこじつけた程左系ポスト真実は手当たり次第且つ手段を選ばず.前川の論理が許されるなら女子高生コンクリート詰め殺害事件の関係者だと云う文書・メールの存在を以てスマイリーキクチをパージすることが許されることになる


憲法九条を俎上に載せる形の憲法改訂の最後のチャンスを前川喜平によって潰されたことは確かでしょう。が、だからと言って襲撃してしまえば永遠に憲法改訂が不可能になります。当ブログは籠池泰典氏の証人喚問決定の時のように、手当たり次第且つ手段を選ばず「一点突破 全面展開」を希求する左系ポスト真実人士を牽制しながら、前川喜平氏の警備強化を求めることにします。警視庁並びに公安の皆さん、前川喜平氏の身辺警護の強化をお願いします。無事に参考人招致が終わることを祈ります。

参院も10日に閉会中審査…前川氏を参考人招致
読売
2017年7月5日

自民、民進両党の参院国会対策委員長は5日午前、国会内で会談し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設などを巡る閉会中審査を10日に行うことで合意した。

同日に衆院でも行われる閉会中審査と同様、前川喜平・前文部科学次官を参考人として招致する予定だ。

(以下略)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170705-OYT1T50054.html
“北のICBM発射成功”大敗・安倍政権への威嚇?
テレビ朝日系(ANN)
2017年7月4日

4日に初めてICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功したと発表した北朝鮮。なぜこのタイミングでの発射だったのでしょうか。専門家からは、都議選で大敗した自民・安倍政権への当てつけなのではないかという声も上がっています。

(中略)

いったい、なぜこのタイミングだったのでしょうか。現地時間の3日、モスクワでは中露首脳会談が行われていました。そしてアメリカは、きょう、独立記念日を迎えていました。先週にアメリカを訪れ、トランプ大統領と北朝鮮の挑発に対する連携を確認したばかりの文在寅(ムン・ジェイン)大統領。ミサイル発射の報告を受け、緊急のNSC(国家安全保障会議)を開催しました。文大統領はあすにも、ドイツで行われるG20サミットに向けて出発し、各国と北朝鮮問題について話し合う予定です。また、日本・アメリカ・韓国の3カ国による首脳会談も予定されています。北朝鮮の狙いは、ここで議題に上ることになる北朝鮮への厳しい対応に対する牽制(けんせい)とみられています。しかし、このミサイル発射の裏には日本の反応をうかがう狙いがあるといいます。それはいったい何なのでしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170704-00000071-ann-in
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

ポスト真実=現にどうあるか?ではなくどうみえるか?の肥大=一つしかないのが事実で沢山あるのが真実を逆手に取った詭弁.STAP細胞はネイチャー誌に掲載されただけで持ち上げられ,iPs細胞はノーベル賞を受賞するまで事業仕分け等で虐められ,「侵略→進出」も「篠塚隆駐アトランタ総領事が売春婦と言った」もフェイクニュースだった


「第九条を俎上に載せる形の憲法改訂の機会は安倍が最後。安倍が本気で憲法改訂を望むなら、解散総選挙で国民の声を聞くしかない」と云うお話です。外務官僚に知り合いが沢山いて国民が知ってしまえばパニックになるような情報も入手できる、と云う立場にはないこともあり、それが良いことなのか? 当ブログには判断できないことではありますが。因みに当ブログは「解釈改憲派でもいいじゃねーか」「一項と二項は、『先制攻撃はしない。国際法を順守する』と云う意味だ、でいいじゃねーか」「先制攻撃ではなく、反撃ならば敵基地攻撃は専守防衛の範囲内だろう」と思っていたりしています。

猪瀬直樹/inosenaoki @inosenaoki

テレビで見たけれど、あの「安倍辞めろ」コールはプラカードなどから、共産党の組織的な行動ですね。ところがふつうの視聴者には、「辞めろ」はあたかも都民の声と聞こえてしまう。そこが安倍首相・自民党がおか...
http://npx.me/BqlX/od5c #NewsPicks

有田芳生 @aritayoshifu

猪瀬さん 「共産党の組織的な行動」ではまったくありません。「3・11」からの反原発運動、ヘイトスピーチ反対のカウンター、安保法制反対運動、最近でいえば共謀罪に反対する市民のクラウド的な新しい動きの延長線上に生まれたものです。それは現場にいる者なら誰でも容易に理解できることです。
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

2017年都議選の投票率は51.27%,2013年43.50%.2009年54.49%.2016年都知事選59.73%.2014年46.14%.お灸を据えるモードになったとは言い難い中で都民ファーストが勝った意味.「東京2020パラリンピック・オリンピックと都知事選が重なってはならない」と3年半で辞任する.身体を壊さない限り日本初女性首相は小池百合子


2009年の都議選の投票率は54.49%。
2013年の都議選の投票率は43.50%。
2014年の都知事選の投票率は46.14%。
2016年の参院選の投票率は54.7%。
2016年の都知事選の投票率は59.73%。
2017年の都議選の投票率は51.27%(速報値)。

2017年の都議選の投票率は、前回の2013年の都議選より高かったものの、前々回の2009年の都議選よりも低かった。

2016年の都知事選よりも投票率は低かった。

にも拘らず小池旋風が巻き起こった(かのように感じられる結果になった)。

それは何故か?

これが2017年の都議選の特異性です。この特異性に気づけずトンチキ選挙結果分析を基に対策を講じると、とんでもないことになります。

都議選の投票率51・27%…7ポイント上昇
読売
2017年7月2日

都選挙管理委員会によると、今回の投票率は、過去2番目に低かった2013年の前回選(43・50%)を7・77ポイント上回り、51・27%となった。

民主党に対する政権交代の期待で投票率が上がった09年(54・49%)に迫る数字だ。

(以下略)

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170702-OYT1T50096.html
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

豊洲問題で謝罪した小池が勝ち謝罪しなかったドン内田&下村が負ける.2009年の都議選や2016年の都知事選よりも投票率が低かったのにも拘らず風が吹いたのは何故か?印象操作(=キリトリ資料VTR・キリトリ経緯説明)でコメンテイターのコメントを誘導し視聴者を誘導する方法で安倍引き摺り下ろしの醜悪さを報道し2009年の再現を狙う


印象操作の可視化1.jpg

印象操作の可視化2.jpg

印象操作の可視化3.jpg

マスコミ牛耳り層は印象操作で自民党内ゲバを仕掛ける気満々です。

小池氏支持勢力、過半数確実に 都議選出口調査、NHK最低で73
J-CASTニュース
2017年7月2日

東京都議会選挙(定数127)の投票が2017年7月2日20時に締め切られ、テレビ各社がいっせいに出口調査の結果を報じた。小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」(都民ファ)と公明党など都民ファと同調する勢力を合わせて過半数(64議席)を確保するかどうかが焦点。各社の調査によると、「親小池」勢力の過半数獲得が確実だ。

自民は57から30前後に激減

(以下略)

https://www.j-cast.com/2017/07/02302190.html
都議選の投票率51・27%…7ポイント上昇
読売
2017年7月2日

都選挙管理委員会によると、今回の投票率は、過去2番目に低かった2013年の前回選(43・50%)を7・77ポイント上回り、51・27%となった。

民主党に対する政権交代の期待で投票率が上がった09年(54・49%)に迫る数字だ。

(以下略)

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170702-OYT1T50096.html
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

名古屋港でも強毒「ヒアリ」=国内3カ所目、コンテナから−環境省.ノーベル文学賞候補者デーブ・スペクターが『サンデージャポン』でまたしても凍りつかせる!?「安倍首相からヒアリについてヒアリングを求められた山本環境相がヒアリとする」自由貿易主義の促進で輸入関税が減るから調査・駆除費用を捻出することも難しくなる問題


名古屋港でも強毒「ヒアリ」=国内3カ所目、コンテナから−環境省
時事通信
2017年6月30日

環境省は30日、強い毒を持つ特定外来生物のアリ「ヒアリ」が、名古屋港の鍋田埠頭(ふとう、愛知県弥富市)で7匹見つかったと発表した。国内でヒアリが確認されたのは3カ所目。同省は国土交通省と合同で、同港を含む輸入コンテナ取扱量の多い6港と、ヒアリ分布地域の中国・台湾に近い那覇港を加えた7港で調査に着手した。

(以下略)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017063000711&g=soc
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | 削除依頼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

朝まで生テレビ!2017年6月30日激論!安倍政権と官僚.片山さつき,福島伸享,朝比奈一郎,天木直人,石川和男,小幡績,高橋洋一,寺脇研,青木理,三浦瑠麗.ゆとり教育,近隣諸国条項が作られる原因となった朝日新聞のフェイクニュース,戦前の天皇忖度政治,電波オークション制導入に反対しながら規制緩和を絶対正義化したマスコミはスルーw


元祖「私は悪くない症候群」も、元祖「森友学園」も、元祖「教育行政を歪めた人」も、元祖「公の私物化」も、元祖「印象操作」も、フェイクニュース、元祖は朝日、KYです、の朝日新聞だったのですが?

ネゴトワ・ネティエ.png

朝まで生テレビ!
2017年6月30日(金)
深夜1:25〜4:25
激論!安倍政権と官僚
“森友問題”“加計問題”“共謀罪”…
「忖度」、「印象操作」、「怪文書の類」、「総理のご意向」、
「行政が歪められた」、「官邸の最高レベル」…
そして、国会閉幕!

官僚主導、政治主導、官邸主導…
平成元年からの29年間で
18の政権に仕え、時に対峙した
官僚達の理想と使命感、矜持とは?!
果して、本音はどこにあるのか?!
…等々について官僚OBを中心に
徹底討論!

渡辺宜嗣
村上祐子
田原総一朗

片山さつき
福島伸享
朝比奈一郎
天木直人
石川和男
小幡績
高橋洋一
寺脇研
青木理
三浦瑠麗
続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

『今こそ、韓国に謝ろう』の著者百田尚樹に続き『悪いのは私じゃない症候群』の著者香山リカの講演が中止に.誰の誰に対する差別が煽動されたのか?宋日昊日朝国交正常化交渉担当大使の発言はヘイトスピーチではないのか?言論の自由に寛容な社会から言論弾圧に寛容な社会へ移行したのは何時か?共謀罪とヘイトスピーチ予防法の共通項


一橋大言論の自由不寛容事件(=一橋大言論弾圧寛容事件=百田尚樹講演会中止事件)が週刊新潮によって報じられ、左翼・リベラル・人権派の欺瞞暴きのような潮匡人の論考が産経で発表された。

脅されたのかそれとも説明責任を果たす気がないのか? 企画した一橋大生側の言い分や証言が出てこない段階のものではあるが、論点は大きくは七つある。少なくともヘイトスピーチ予防法可決後の言論の自由を巡っては。
  1. 百田尚樹氏の件のツイートで、一体誰の誰に対する差別(差別心でも可)が煽動されたと言うのか?
  2. 仮にそれで煽動された者がいたとして、百田尚樹氏のこのツイートで彼の〇〇に対する差別(差別心でも可)が煽動されたと断定できる根拠は何なのか?
  3. 例えば2017年4月17日の宋日昊日朝国交正常化交渉担当大使の発言と、件の百田尚樹氏のツイート、朝日新聞の慰安婦関連フェイクニュース、この中で最も北朝鮮政府や親北派に対する嫌悪感を芽生えさせたのはどれか?
  4. 2017年5月31日の浦和vs済州戦での済州選手の肘打ち事件、それに対する済州側の主張・弁明、一部であれ韓国ネット民の浦和側が悪いとの認識と、件の百田尚樹氏のツイート、より済州や韓国人や親韓派に対する嫌悪感を芽生えさせたのどちらか?
  5. 例えばキツネの石像等を破壊し一連の破壊事件の一部を認めた韓国人容疑者を擁護することは、対日ヘイトクライム擁護(=対日ヘイトスピーチ)にはならないのか?
  6. 2016年6月5日の川崎市の不許可理由や一橋大での百田尚樹講演会中止要求は、共謀罪と何が違うのか?
  7. どんな抗議でも許されるのか? 脅迫、教唆、威力業務妨害にあたるような抗議でも許されるのか?

こうなると「リベラルも香山リカの言うネトウヨと同じだな。香山リカは『加害者でありながら被害者面するヤツ=ネトウヨ』と定義・規定した。やっぱ『(日本の)リベラル=左の在特会』なんだよ」と言われてしまう。やりすぎ批判を封じることが困難になる。歴史的事実誤認に基づく歴史的不正に対する連帯の責務を要求することに対する反感、行き過ぎれば歴史的不正に対する連帯の責務は新たな歴史的不正になるとのツッコミを撥ね退けることが困難になる。

そこで左翼・リベラル・人権派・反差別の側による言論弾圧を、ヘイトスピーチ予防法を作らせたことを反省しない在特会と同元会長を使って相殺する作戦に打って出た。「絶対的被害者神話を修復せよ!」

このようなヤラセ・自作自演・マッチポンプを邪推するのはやめましょう。松本サリン事件の報道禍のように、可視化された事実のみで世界・事物を認識・理解するのはやめましょう。GDPの中でギャンブルの占める割合、国際特許請願権件数、睡眠時間、千人あたりのイジメ件数、イジメられっ子反撃率、・・・等々可視化されていない重要なファクターがまだまだあるのにも拘らず、OECDの統計をみれば社会の実態を浮かび上がらせられると思い込み、「○○については日本は▽▽位だ! これは恥だ!」などと、福島県で白血病患者急増のデマを何度も拡散するエコーチェンバーなネット民のようにいきり立つのはやめましょう。

脳内外にある未知の独立変数や可視化されていないファクターがあることを前提化し、「スポーツ報知の記事が事実ならば・・・」「週刊新潮の記事が事実ならば・・・」と暫定的に分析・評価するようにしましょう。最低限言えることを探るようにしましょう。

そうしないと、「60人ほどいる『見えない仲間』に支えられている有田芳生議員」から詰め寄られ、原口一博議員のように光速土下座へと追い込まれることになるでしょう。

言うまでもないことですが、当ブログは加減を知らない者が現れることを理由にISクソコラグランプリを批判しながらも、警告した通り加減を知らない者が現れISILからテロ予告が出された時、「ほ〜ら、言わんこっちゃない」と斬り捨てず、「言論には言論で。風刺には風刺で。クソコラにはクソコラで。どんなに気に入らない言論・表現・報道であっても、教唆、脅迫、名誉毀損、信用毀損、プライバシーの侵害、・・・等々の類になっていない限り、言論・表現・報道の自由を認めないといけない」と訴えた程の筋金入りの言論・表現・報道の自由を大事にしたい派です。

当然、「一橋大言論の自由不寛容事件も、江東区社会福祉協議会言論の自由不寛容事件も、被害者が日本人ばかりであればヘイトクライムと位置づけられるべきであろう永田パウロこと金保の性犯罪を後押したかもしれない朝日新聞慰安婦関連フェイクニュースを書き長い間放置した当時北星学園大講師でもあった元朝日新聞記者の植村隆氏に対する脅迫事件も、韓国政府の産経新聞当時ソウル支局長に対する言論弾圧事件も、赤報隊事件も、地上波テレビのコンテンツですらなくユダヤ教やキリスト教も風刺対象にしていたシャルリーエブドに対する銃撃事件も、横田めぐみさん写真展中止寛容事件も、ろくでなし子アムネスティ講演中止事件も、千葉麗子サイン会中止事件も、『明日、ママがいない』放送中止危機も、『はだしのゲン』の閉架も、アメリカでの『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記(So Far from the Bamboo Grove ヨーコの話 竹の森遠く)』焚書も、ジョークと云う次元・文脈上で展開されたフランスの閣僚ではない者(フランスのコメディアン)による『質が低いかも知れない表現』に対する田中真紀子当時文科相の抗議も、映画『アンブロークン』上映中止も、映画『ザ・インタビュー』上映妨害も、・・・あり得ん」「如何なる表現が悪とされてきたか? 如何なる表現者の名誉回復が如何なる理由で行われてきたか? 言論・表現・報道・思想信条の自由・知る権利 vs 名誉毀損・脅迫・ヘイトスピーチ規制・プライバシー権等の表現規制を巡る人類の歩みにアクセスできるよう、児童ポルノ以外は焚書にしてはいけない。児童ポルノ以外の保護されるべき個人情報部分はどのような理由で保護されるべきなのかについての説明をした上で黒く塗りつぶせばよい。ユダヤ人差別に結び付いた新約聖書の『裏切り者のユダ』のエピソードや『シオンの議定書』や『ヴェニスの商人』がヘイトスピーチにあたるにしても、何処がどのような理由でいけないのか? について書かれたカウンター本を読んでからでなければ読めないようにすればよい」と云う立場です。

香山リカ氏の講演会が中止…主催する江東区社会福祉協議会「健全な進行を妨げる」
スポーツ報知
2017年6月21日

江東区社会福祉協議会は21日、公式ホームページで6月27日に開催を予定していた精神科医の香山リカ氏(56)による講演会を中止することを発表した。

ホームページでは「江東区社会福祉協議会「地域福祉セミナー」中止について」と題し、「6月27日に開催予定でありました「地域福祉セミナー なぜ今こども食堂が必要なのか 〜こども食堂を通じた支え合いのまちづくり〜」につきましては、急きょ中止させていただくこととなりました」と発表した。

理由について「主催者といたしましては、講演予定者の講演内容が地域福祉に適うものと判断し、本講演会を企画いたしましたが、講演者の他の機会での発言等に対しメール、電話等で多くのご意見をいただきました。その中には、当日の健全な進行を妨げる内容のものがあり、ご来場いただく皆様にご迷惑がかかることが予測されるため、参加者の皆様の安全を確保する観点よりやむなく中止の決定をさせていただきました」と説明した。

(以下略)

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170621-OHT1T50075.html
【iRONNA発】一橋大講演中止問題 百田尚樹氏の「表現の自由」は奪われた 潮匡人氏
産経
2017年6月16日

作家の百田尚樹氏が登壇予定だった一橋大の講演会中止騒動が波紋を広げている。一部の圧力団体が百田氏に「差別扇動者」とレッテルを貼り、講演を中止に追い込んだ。

これは明らかな「言論弾圧」といえるが、いつもなら「自由を守れ」と声を上げるリベラルメディアはなぜ沈黙を続けるのか。(iRONNA)



今回の騒動に対して「護憲リベラル派」は関心を示さない。百田氏が自らツイッターで情報発信するなどしたため、問題が露見したが、そうでなければ、埋もれていたであろう。

この件は「表現の自由」に深く関わる。憲法上、優越的地位を占める重要な精神的自由権が侵害されたといえるが、護憲リベラル派は沈黙を続ける。

朝日新聞は6月9日付朝刊の目立たない第3社会面でエクスキューズのように報じただけだ。同社が綱領に掲げる「進歩的精神」はいまだ発揮されていない。

またなぜ、一橋大は問題視しないのか。法学部やロースクールで憲法を講義する教授らが、なぜ「自由を守れ」と声を上げないのか。不思議である。

それどころか、大学の一部教員からも中止を求める声が出ていたという。正気の沙汰とは思えない。百田氏の講演を中止に追い込んだ団体はネット上でこう呼びかけた。

「百田氏は、悪質なヘイトスピーチ(差別煽動(せんどう))を繰り返してきました。下記はその一例です。『もし北朝鮮のミサイルで私の家族が死に、私が 生き残れば、私はテロ組織を作って、日本国内の敵を潰していく』。これらヘイトスピーチは、日本も1995年に批准した人種差別撤廃条約が法規制の対象と している極右活動・差別の煽動行為に当たる違法行為です」(一部抜粋)

もし本当に、百田氏の言論が「違法行為」に当たるなら、講談社や新潮社、文芸春秋など大手や老舗の出版社は軒並み捜索対象となるが、そうした話は聞かない。

明白な「違法行為」

百田氏のツイートによると、「講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」。

ならば、それら自体が明白な「違法行為」であり、刑法上の犯罪に当たる。それも、「深刻な差別・暴力が誘発されることを憂慮」する団体の扇動によるもので、警視庁は本件を正式に捜査すべきと考える。

本件は憲法上も「表現の自由」に加え、「学問の自由」そして「思想・良心の自由」に深く関わる。ともに「内心の自由」と呼ばれ、「表現の自由などの外面的な精神活動の自由の基礎をなす」(芦部信喜『憲法』岩波書店)。

とくに「思想・良心の自由は、内面的精神活動の自由のなかでも、最も根本的なものである」。そう、護憲リベラル派が大好きな教科書にも明記されている。

その「最も根本的な」人権が侵害されたにもかかわらず、護憲リベラル派は「自由を守れ」と声を上げない。彼らに、自由や人権、立憲主義を語る資格があるだろうか。少なくとも「内心の自由」を掲げて「共謀罪反対」を唱えるのは、もう止めてほしい。

大学が「お墨付き」

今回、百田氏を含む「保守」陣営の言論に「ヘイト」のレッテルが貼られ、「差別扇動」されたあげく、「違法行為」の誹謗(ひぼう)中傷も受けた。脅迫行 為を含む「深刻な差別・暴力が誘発」された。そうした差別・テロ扇動に大学がお墨付きを与えることになってしまった。

護憲リベラル派は口先で「リベラル」と言いながら、よって立つべき「自由」を理解していない。

(以下略)

http://www.sankei.com/premium/news/170618/prm1706180005-n1.html
香山リカ氏の講演中止 東京・江東区社協、妨害予告受け
朝日
2017年6月21日

東京都江東区で27日に予定されていた、精神科医で立教大教授の香山リカ氏の講演会が中止になった。

(中略)

香山氏はこれまで、在日コリアンらへ排外的な主張をしているなどとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠・前会長を街頭で批判してきた。桜井氏が今月、香山氏の講演会についてツイート。ネット上では、社協の電話番号を掲載して「問い合わせると、いろいろご意見できそうですね」などの書き込みもあった。桜井氏はツイッターで、自身の講演会を香山氏が問題視していたことなどを挙げて「因果応報」とも書き込んでいる。朝日新聞の取材に、関係者を通じて「ツイッターにある通り」と回答した。

香山氏は「卑劣なやり方とは思うが、彼らにも抗議の自由はある。ちょっとしたクレームで中止を決めた社協の対応は残念というより危険だ。これまでの経験から実際に妨害されることはないと判断していた」と話した。(岩崎生之助)

http://www.asahi.com/articles/ASK6P5R91K6PULZU00G.html
【香山リカ氏講演会中止】香山氏、過去に桜井誠氏の講演会を企画した早稲田大を「アウトです」と批判した過去 桜井氏は「因果は巡る」 香山氏「あなたの呼びかけで抗議が始まった」と悔しさにじませ…
産経
2017年6月22日

東京都江東区で27日に予定されていた精神科医の香山リカ氏(56)の講演会が中止となり、香山氏と日本第一党党首の桜井誠氏(45)がツイッター上で応酬を繰り広げている。

(中略)

こうした香山氏のつぶやきに対し、桜井氏は「香山リカが予定していた豊洲での講演会が中止になったそうです。講演会が開催されることが判明してから各所からの猛抗議が寄せられていたようです。これまで桜井誠の早稲田大学講演会、百田尚樹氏の一橋大学講演会などを全く同じ手法で潰してきたパヨク側は当然批判は出来ませんよね? 因果は巡る…」(原文ママ)として、早稲田大が講演会に桜井氏を招いたことに関し、香山氏が以前、自身のツイッターで反対意見を述べていたことを挙げ、因果応報だと批判した。

また桜井氏は続けて「何でも桜井にするんじゃないよ。桜井は君の講演会があるよと紹介しただけでしょうに。君は紹介されちゃあまずい講演会をやる気だったの」などと自分が今回の香山氏の講演会を中止に追い込んだ抗議活動の“黒幕”ではないと否定しつつ、重ねて批判した。

香山氏は昨年10月、桜井氏が早稲田大学の講演会に招かれたことについて「桜井氏は、自分が行ってきたことが人と社会を破壊する差別煽動だと認めていません。たとえヘイト発言はなくても、そういう人物をとりわけ人権を重んじる大学という場に招くのは間違いです。うどん研究会が『うどん評論家として桜井誠氏をお招きしました』というのもアウトと考えます」と投稿し、早稲田大学を批判するツイートをした。

このときは香山氏のほかにもCRAC(元レイシストしばき隊)YOUTHの名前で早稲田祭実行委員会などのメールアドレスや問い合わせ先の電話番号が掲載された。(WEB編集チーム)

http://www.sankei.com/life/news/170622/lif1706220047-n1.html
香山リカ @rkayama

香山リカさんがささやんをリツイートしました

出た、自分らでヘイトしておいて「言論弾圧」と被害者ポジション取るネトウヨ論法。言論の場で批判するならいいんですね?徹底的にやりますよ。
「これら言論活動を言論の場ではなく一方的に『デマ』『ヘイト』と断定することは、メディアの言論活動を封殺する、ある種の言論弾圧であると考えます。」

香山リカさんが追加

ささやん @sasayan3121

DHCが逃げながら砂掛けて来よる。こんなもん絶対に許せんね。
香山リカ @rkayama

「日本人でよかった」のお姉さんがチャイニーズだった件、「アメリカ・ファースト!」 のトランプ大統領の就任式の記念品の多くがメイドインチャイナだった件を思い出す。世界の愛国心をウラで支える中国ってすごいな…
香山リカ @rkayama

香山リカさんがTanakaIsaoをリツイートしました

これホント。ネット圧力なべ内だけの情報をひたすら煮詰め、「いまにテレビや週刊誌もかぎつける」と夢想してて笑える

香山リカさんが追加

TanakaIsao @yokatopia

在日特権デマとかジェノサイドの煽動に比べると、最近のネトウヨが言ってることって「ぱよぱよちーん」「十三ベース」とか「合田さん」がどーちゃらとか、まじで意味がよくわからなくていいよね。完全に内向きに閉じたマニアの世界。ネットに入り浸ってる事情通以外、誰にも伝わらない。
有田芳生 @aritayoshifu

参議院選挙が終わったとき、当時の枝野幸男幹事長に「ネット選挙で目立っていましたね」といわれました。昨日はある議員から「見えない組織でもあったんでしょうか」と組織候補でないのに当選した内情を聞かれました。その「見えない組織」の仲間たち60人ほどと半年たってからの慰労会を行いました。
有田芳生 @aritayoshifu

キャンペーン「koda.kouennkai@gmail.com: 差別を許さない一橋大学KODAIRA祭の実現を求めます。」 に賛同をお願いします! https://t.co/O0VTAH2kmJ @change_jpさんから
有田芳生 @aritayoshifu

百田尚樹さんがまたまた事実を歪めた原稿を「週刊新潮」に書いている。一橋大で講演会が中止になったことがよほど悔しかったようだ。百田氏を差別発言で名だたると判断した「反レイシズム情報センター」が講演会を危惧してネット署名を募り、それに私が賛同したことを「言論弾圧」だとする。笑止千万。

前置きが長くなった上に今更感もありますが、それでは「日本のジャーナリスト、学者、評論家、作家は、映画『アンブロークン』上映中止問題と映画『ザ・インタビュー』上映妨害事件についてごにょごにょしたことで言論弾圧・表現の自由弾圧についての見識が稚拙過ぎる問題についての論考」をどうぞw。

因みに、本物の知識人や専門家が読むと本気を出したくなりますが、似非知識人やインチキ専門家が読むと自我が崩壊し、その結果罵倒語・差別語・侮辱語の類しか紡げなくなり、隠してきた裏の顔が前面化します。似非知識人やインチキ専門家はこれ以上読み進めない方が好いでしょう。この程度のことは自己責任の範囲なので、止めませんが。続きを読む
posted by 村上ジョージ at 00:00| Comment(0) | マスコミ 言論 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする